2010年10月22日

切れた輪

MuramasaがMacBook Airになれなかった理由(404 Blog Not Found)

激薄・軽量・低価格の新型MacBook Airが発表された一方で、SHARPが元祖激薄ノートPC・Mebius MURAMASAを生み出したパソコン事業から撤退することが報じられた。

今回のMacBook Airを見て数ヶ月前にMacBookを買ったことを少し後悔したと同時に、かつてMURAMASAユーザーだった自分にとってSHARPの撤退は感慨深いものがある。

そしてブログ主の小飼弾氏は、ジョブズが掲げるMacBook→iPhone→iPadと巡る輪の画像を引用して、SHARPがMURAMASAを育てきれなかった理由を考える。

(エントリより)
Mebiusというブランド名に反して、輪がなかったのだ。

MebiusはMebius、AquosはAquos。ケータイのワンセグにこそAquosという名前をつけているけれど、名義貸し以上の意味はユーザーからは見えない。

つながりに欠けるのは事業単位という空間方向に留まらない。つながりに欠けるという点において、時間方向はさらにひどい。ほんと出したらそれっきりという感じで、次が見えない。MebiusもZaurusもNetwalkerも。

いくらとんがった面白い製品を出しても、これではユーザーは根付かない。

これはSharpに限らず、日本の、いや、Apple以外のメーカーに共通した宿痾ではないか。

Apple以外のヴェンダーは、製品を売っている。製品とはゴールであり、終着点であり、あとはそれがどれだけ売れるかが勝負だ。

Appleだけが、道具を売っている。道具とは過程であり出発点であり、本当の勝負はそれが売れてからどう使われるかだ。
posted by かせっち at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

無駄飯喰らい

ネットの定点観測で面白そうな記事に出くわした時、その時点では読まずにブラウザの別ウィンドウを開き、そのページを一時的に保存しておいてから、後でゆっくり読むようにしている。

こういうやり方をしていると開いたウィンドウが20個以上になることもざらにあり、時々ウィンドウを開きすぎてCPUの処理能力を圧迫することがある。

しかし幾ら20個以上もウィンドウを開くとはいえ、閲覧するのは文字情報主体のニュースやブログばかり。ただの文字表示にそれ程CPUの処理能力を消費するとは思えないのだが…

などと思いつつ、今日もネットの定点観測でブラウザの動きが重くなった。タスク・マネージャに表示されるCPU使用率も90%前後に推移している。

そこで開いたウィンドウを一枚一枚閉じていき、タスク・マネージャでCPU使用率の変化を見比べていくと、CPU使用率を押し上げていた原因がわかった。


犯人はお前だ!日経BP!

各ページにFlash広告をベタベタ貼り付けやがって!



日経BPの記事はいいものが多く、記事毎にウィンドウを開いていたのだが、各ページに貼り付けてあるFlash広告がCPU使用率を押し上げていたようだ。


日経BPのページは不必要に開けない方がよさそうだ。
posted by かせっち at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

iPhoneとケータイの違い

iPhoneがガラパゴスケータイより劣っていていい理由(404 Blog Not Found)

iPhoneユーザーになり、ブログの体裁もiPhoneに最適化した小飼弾氏のブログ。

(エントリより)
iPhoneの本当の恐ろしさ、それはiPhoneならだめなところをいつでも直す余地があることそのものなのだ。多少PCが古くても、OSやアプリをアップグレードすればよくなるように、iPhoneはいつでもアップグレードできるのだ、OSですらiTunes経由で、アプリならそれすら不要でApp Store経由で。

これがどれほどケータイでは非常識かということを、みんな忘れてない?

確かに、日本のケータイの完成度は高い。高くなければならないからだ。ダメなところを後でほとんど直しようがないからだ。そりゃファームウェアアップデート程度はなきにしもあらずだけど、アプリケーション単位でアップグレードなんて、ない。もしあったとしても、ケータイ屋にわざわざもっていかなければならない。

日本でよりよいケータイを手に入れるには、事実上新機種を買うしかない。Docomoなら70Xだの90XだののXを一つ足すためだけに、ハードウェアごと交換ということだ。

iPhoneなら、iTunesにつなぐだけでいいのだ。
posted by かせっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

「7K」職場

IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ(@IT)

(エントリ)
 最近の新卒採用で人気が低迷する国内IT業界。不人気の理由は何なのか、人気回復はできるのか。情報処理推進機構(IPA)は10月30日のイベント「IPAフォーラム2007」で、IT業界の重鎮と理系学生による討論会を開催した。テーマは「IT産業は学生からの人気を回復できるのか」だ。

<略>

 いくつか挙げられたIT業界のイメージは実にネガティブな内容だった。いわく「きつい、帰れない、給料が安いの3K」に加えて、「規則が厳しい、休暇がとれない、化粧がのらない、結婚できない」の“7K”というイメージだ。学生は、ほかの業界と比べて「IT業界は特に帰れない」というネガティブな印象を強く持っているようだ。

 ネガティブイメージを突きつけられた浜口氏は、「必ずしも全員が3Kではない」と反論。岡本氏も「3Kの“帰れない”は、帰りたくない人が帰れないだけ。スケジュール管理の問題だ。私は40年間近くIT業界で仕事しているが、何が一番幸せかというと退屈している暇がないことだ。技術が進歩するにつれわれわれの仕事も複雑化してくるが、一生懸命追いかけていくだけでも退屈しない。いい仕事を選んだと思う」と自らの仕事を振り返りつつ、学生に反論した。


このイベントについて、「3K」を上回る「7K」職場のイメージと、「帰りたくない人が帰れないだけ」の岡本氏の発言が物議を醸している。


「IT業界就職不人気」の怪(切込隊長BLOG(ブログ))
追記:「7K」というのがあるらしい(切込隊長BLOG(ブログ))

(エントリより)
 「IT業界だからiPhone開発のようなクリエイティブな仕事ができる」という勘違いは、「建設業界だからビル設計のようなクリエイティブな仕事ができる」という馬鹿に通じるものがある。世の中しんどいんすよ。クリエイティブな仕事「も一部ある」けど、その「やりたい仕事」をやるためにはその数倍から十数倍の「やりたくない仕事」をしっかりこなさなければならない。

 やりたい仕事だけやればいいというのは、基本的に経営にいる人たちの特権とも言える。日常のやりたくない仕事や、手間のかかる面倒な仕事を引き受けてもらうために、お金を払って人を雇っているのだから。その雇われている人が、やりがいのない仕事を押し付けられることや、つまらん仕事を押し付けられそうだと考えて、その業界に逝きたくないと考えるのはある意味当然なのかもしれない。


イメージを形にできない人は減衰する(404 Blog Not Found)

(エントリより)
確かに、きつい。どうきつい、どうしてきついかはまた別entryで書くが、職人の世界というのはどこもかしこもそうだ。しかし、おなじきついでも、それは自分が鍛え上がっていく時のきつさであって、今日も明日も同じきつさの繰り返しでは決してない。もしそうだとしたら、それは職人以外の何かが混じっている証拠だ。そういう時には躊躇せず職場を変えること。

しかしきついから逃げないで職に打ち込んでいると、ある日気がつくのである。自分がどれだけ鍛えられているかを。こりゃ堪らんよ。堪えられないよ。こいつは残念ながらどこにも売っていない。職人が作ったものなら金だせば買えるけど、自分でつくれなかったものがつくれるようになった時の気持ちは、どこにも売ってないんだぜ?
posted by かせっち at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

その差が命取り

仕事で使っているPCのHDDが故障した。幸いHDDを2個使ってRAID 1で運用していたため、死んだのは片方のHDDのみで、本体データは生き残ったもう片方のHDDに丸々残っていた。ありがとう、RAID(笑)

こういう場合、死んだHDDを新しい物と交換すれば良いわけだが、そのHDDは既に販売終了となっていた型番だったので、「これと同等品のHDDを取り寄せて」と馴染みの業者に発注した。

そして今日、代わりのHDDが納品されたので、早速取り付けてみるが、新しいHDDがRAIDディスクとして認識されない。RAIDのユーティリティソフトをよーく見てみると・・・

RAIDボリュームとして割り当てられた容量
 233.8GB

生き残ったHDDの容量
 233.8GB

新しいHDDの容量
 232.9GB


・・・あり?

新しいHDDがRAIDボリュームよりも小さいじゃねーか(驚)



2つのHDDでデータを二重化するのがRAID 1の仕組みなので、死んだHDDを交換する際は生き残ったHDDよりも同じか、より大きいHDDを用意しなければならない。ところが新しいHDDは名目上同じ容量だが、実際の容量は若干小さめだったというわけ。

まぁ、このような誤差はよくあるものだが、まさかそれがRAIDの足枷になろうとは。今にして思えば、もう少し大きめのHDDを買うか、最初にRAIDボリュームの割り当ての際に若干小さめの大きさにしておくべきだったか・・・くそぉ、何のためのRAIDか(悔)


ということで明日はRAID組み直しのため

再インストールで一日潰れることが決定(号泣)



まぁ、データが無傷でサルベージできただけでもRAIDのご利益はあったんだけどね・・・(嘆息)
posted by かせっち at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

lhaz v1.33に脆弱性

また日本のフリー圧縮ツールにゼロデイ攻撃(ITmedia)

(記事より)
日本で人気の圧縮・解凍ツールを狙ったゼロデイ攻撃がまた発生した。今回は、フリーツール「Lhaz v1.33」の脆弱性を悪用したターゲット型攻撃が仕掛けられたという。セキュリティ企業のMcAfeeとSymantecが8月17日のブログで伝えた。

McAfeeによると、この攻撃には細工を施したZIPファイルが使われ、Lhazの脆弱性を悪用してトロイの木馬に感染させる仕組みになっていた。脆弱性の詳細は不明だ。


zipファイルやlzhファイルなどの圧縮・解凍でお世話になっているフリーソフトlhaz v1.33に脆弱性が発見され、既にこの脆弱性を悪用したトロイの木馬が出現しているとのこと。

2007/8/20 21:00現在、作成者のちとら氏のサイトでは暫定対策を施したlhaz v1.34β1が公開されているが、アイコン・ドロップによる圧縮の際にエラー表示される不具合がある模様。

とりあえず、脆弱性のあるlhaz v1.33はアンインストールすることをお勧めする。アンインストールの方法はlhazのヘルプを参照のこと(「プログラムの追加と削除」による操作だけでは完全にアンインストールされないようだ)。

※2007/8/26追記
2007/8/23付けでver.1.34が正式リリースされました。


参考:
lhazのオフィシャルサイト
posted by かせっち at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

垂直統合とGoogle、オープンソース、Linux

これでもプログラマーの端くれなので、コンピュータ関連の話題。

「自分でつくるしかない」のはなぜか---「垂直統合モデル」で勝つ条件を考える(日経Tech-On 材料で勝つ)

Googleが強い理由を「非競争(precompetitive)領域」と「競争(competitive)領域」の「線引き」に見る。

(記事より)
その「線引き」とは,以下のようなことではないだろうか。まず自社の強みと弱みを分析する。そして,弱い分野または特に強さを持っていない分野を「非競争領域」に設定して,他社から情報を引き出し,業界全体で発展させる。そしてできれば,その分野はインタフェースを標準化して「水平分散」化により誰でもつくれるようにする。こうして参入障壁を低くして過当競争状態を作ってコモディティー化し,徹底的に安く供給させる。

一方で,自社の強い分野は「競争領域」に設定し,極秘にして知的財産面でも参入障壁を高くする。その上で「垂直統合モデル」によって「自分でつくる」ことにより,高値で安定させて高収益化を図る――。


続きを読む
posted by かせっち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。