2014年12月31日

2014年を振り返って

特にとりとめもなく。

・結局磐田はJ1昇格に失敗。前田が抜け、金園、山崎、阿部などの流出も噂されており、陣容が大幅に入れ替わりそう。果たして名波は磐田を立て直せるか?

・浜松周辺でのランチの開拓を始めたが…鰻と浜松餃子以外となるとやっぱりイマイチかなぁ。

・個人的には、来年も変わりそうにないなぁ(汗)


ということで 今年はこれまで

それでは皆様 良いお年を

posted by かせっち at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

2013年を振り返って

特に取りとめもなく。

・昨年の降格争いに触発されて、今シーズンは年間通じて降格争いをウォッチしてみたら、地元の磐田の降格を見る羽目に…(号泣)。来年はJ1の降格争いとJ2の昇格争いを並行してウォッチするつもり…だが、磐田は1年で戻れるだろうか?

・ということで、ほとんどJリーグ結果まとめと化してしまった本ブログ。来年も傾向は同じになりそう。

・個人的には…やっぱり余り変わりそうにない(汗)


ということで 今年はこれまで

それでは皆様 良いお年を
posted by かせっち at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

捨てる神あれば拾う神あり

久々の更新で、仕事上の話。

昨年一年かけてやって来た仕事があったのだが、その成果を採用してくれるはずだった企画が土壇場で流れてしまい、仕事の成果が宙に浮く形になってしまった。

「くそぉ、一年かけてやってきたのに、採用されずじまいかよ…」

と腐っていた所、別の企画で困っている案件に仕事の成果が上手くはまりそうだったので、「こんなんあるけど、どう?」と試しに使ってもらったら、

「欲しかったのはまさにこれです!かせっちさんに足を向けて寝られません!」

と、いたく気に入ってもらえた。長年色々仕事はやってきたが、ここまで感謝されたのは初めてで、ちょっと嬉しかったお話。
posted by かせっち at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

2012年を振り返って

特にとりとめもなく

・「天下を取ることはできても、天下を治める能力はなかった」民主党政権が終了し、「消去法であっても実務能力はある」自民党が政権を取り返して終わった2012年。自民党への期待はその実務能力にあり、それが期待通り遂行されるかが来年への課題。

・個人的には、まぁ、あまり変わらないかな(汗)


ということで 今年はこれまで

それでは皆様 良いお年を
posted by かせっち at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

葬式鉄

浜松を南北に走るローカル線・遠州鉄道の一部区間が明日から高架化され、それまでの地上線は今日までの運行となる。家の近所にある高架化区間の沿線を自転車で走ってみると、電車が地上を走る最後の姿を写そうと、カメラを構える人がチラホラ。

携帯のカメラや普通のデジカメで撮っている人が多い中、本職顔負けの一眼を用意する人も。「恐らく『鉄(鉄道ファンの俗称)』なんだろうなぁ」と思いつつ、彼らのファインダーに写り込むのも悪いので、撮影が終わるまで足止めされたりする。


こういうのを「葬式鉄」の弊害なのかと思ったり
posted by かせっち at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

○ンビがくるりと輪を描いた〜♪

気が滅入る話題が続く昨今、時節柄ハロウィンの動画で笑って頂こう。

海外のドッキリ!「ドライブスルーにもしもゾンビが現れたらw」海外の反応(諸国反応記 海外の反応)

ドッキリを仕掛けられた相手の反応は、当然「OMG!」「WTF!」(笑)
posted by かせっち at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

そして秋が来て

夏休み中の片づけで出てきた不用品を買い取ってもらえないか、リサイクルショップの担当者に家まできてもらったが…


買い取れるもの 一個もなし(泣)

残ったのは 粗大ごみの山(泣)



仕方ねぇ、愛車デミオを「機材車モード」に変形させて、何回かに分けて捨てに行くか…
posted by かせっち at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

そして夏が行く…

今日まで一週間の夏休み。やったことと言えば、家の不用品の片づけ。来年度から浜松市は粗大ごみが有料になるので、大物は今年度中にやっつけておかなければならない。

前の家から持ってきたものの、一度も使ってない物や、前の家主が残していった物など、出るわ出るわ…おかげでゴミの最終処分場に2度も足を運ぶはめになった(汗)

リサイクルショップに引き取ってもらえそうなものが片付いたら、一部屋丸々空きそう。目指すは断捨離な生活、か?(笑)
posted by かせっち at 20:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

限界突破

今朝の定例の体重測定にて。

「あっ…**kgを切ってる」


年末年始の自堕落な生活のせいで増えた体重を

8ヶ月かけてようやく元の水準まで戻したのだ!



運動に決して頼らず(苦笑)、完全に食事だけで体重を落とすのは結構つらい。以前にも言ったように、朝昼はちゃんと食べて夕食の量を減らすようにしているのだが、減量ペースが鈍って思ったように体重が落ちない。

ここ1ヶ月の晩飯はコンビニのサンドイッチ1パック+牛乳を続けてようやく減量ペースが戻り、今朝の測定結果と相成った次第。晩飯サンドイッチは最初は辛かったが、慣れてくるとそうでもなくなってきた。元々夜は何もしないからね。


健康診断まであと数カ月 このペースを続けられるか?


…久々の更新がこんな内容でどーもすいません。
posted by かせっち at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

宿命(?)の対決

宇都宮VS浜松 アノ1位争いに昨年以上の変化が?!
勝敗に黄信号ともったのはどちらの都市か?
〜消費でみるお国柄大解剖 第1弾〜(ダイヤモンド・オンライン)


(記事より)
 下図は過去4年間の宇都宮、浜松両市のギョウザの消費額だ。これでわかるのが、「ギョウザの街・宇都宮」が大きく報道された2010年の宇都宮の消費額が突出して大きいことだ。

 その反動なのか、食べ疲れか、はたまた頂点を極めた者の油断だったのか、2011年は過去4年間で最低の水準まで落ち込んでしまった。

 では、宇都宮VS浜松両市の2012年の戦況は、どうなっているのだろう?


浜松に住んでいる者として一言


正 直 ど う で も い い


浜松が5月に消費金額が伸びるのは、一年で最大のイベント・浜松まつりで、お祭り飯や外食が増えるせいかも。
posted by かせっち at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

EURO 2012 予選リーグA/B組 最終節

サッカー欧州選手権(EURO 2012)予選リーグA組では、最下位のギリシャが首位のロシアを破り、当該チームの対戦成績の結果、ギリシャが2位通過してロシアが予選落ちするという番狂わせが起きた。

一方予選リーグB組では、ドイツが危なげなく3連勝で首位通過した一方で、優勝候補のオランダがいい所なく3連敗して予選落ち。歯車が狂うと立て直す時間がない短期決戦の怖さを知ることになった。

かくして、準々決勝でドイツ(B組1位)はギリシャ(A組2位)と対戦することが決まった。


通貨のEUROで対立するドイツとギリシャが

サッカーのEUROで直接対決するとはな(笑)

posted by かせっち at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

金環蝕

先日の金環蝕について。

自分の住む浜松では午前6時ごろまでは曇天で、「こりゃ観測は無理だなぁ…」と諦めかけてたところ、午前7時過ぎになって急に天候が回復し、雲が切れて日がさした。慌てて観測用フィルタを覗いてみると、『ロード・オブ・ザ・リング』の力の指輪のような金環蝕をはっきりと見ることができた。ラッキー♪

【かわいすぎ】溶接マスクを使って金環日食を観察する少女の写真が可愛すぎて猛烈な勢いで世界へ拡散中(ロケットニュース24)

さて、全国各地で金環蝕を見ようとした人の中には、こんな可愛い観測者がいたというお話。

(記事より)
2012年5月21日の朝、日本各地でもバッチリと観測できた金環日食。日食用のサングラスを片手に空を見上げ、感動した人も多いだろう。

日本のみならず、世界各地で観測された日食写真はネット上に多数アップされているなか、日本で撮影された一枚の写真が「あまりにもかわいすぎる」として世界的に拡散しつつある。

話題の写真は、ふたりの少女が鉄工用の溶接マスクを使って金環日食を観察しているというシーンである。TwitterやFacebookでも拡散していたので、見たことのある人もいるかも知れない。
posted by かせっち at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

大晦日の過ごし方・2012

あけましておめでとうございます

今年も与太話にお付き合いのほど

何卒よろしくお願いします



昨年の元旦に以下のようなエントリを上げました。

大晦日の過ごし方(当ブログ記事)

(エントリより)
私ね、紅白歌合戦って嫌いなんですよ。

下手な歌を中途半端な曲構成で聞かされるのもそうですが、合間に入る白々しい応援など、エンターテイメントとしての演出が生理的に受け付けないんです。

昔はそうでもなかったと思うんですが、ここ数年劣化度合いが甚だしく、民放のひな壇芸人バラエティのようで、見ていて痛々しく思うんですね。

ところが実家の家族はやっぱり見るんですよ。折角実家でのんびり過ごそうと思ってたのに、好きでもない番組を見せられるのはイライラすることこの上ない。

とはいえ、年末年始に家族と波風立てるのもどうかと思い、別室に引き籠ってネットしてるんですが、狭い家のことなので音が漏れてきて中々集中できない。

仕方がないんで、今年は近くのファミレスで、コーヒー飲みながら本読んでました。


で、今年もファミレスに退避するかなぁ…と覚悟していたら、


「今年は紅白は見ない。まるで学芸会みたい」


と、母親が宣言。父親もそれに追随。自分はファミレスに退避する必要がなくなり、代りにNHK-BSで女子W杯の決勝トーナメントの再放送を見てました。丁度決勝のアメリカ戦が終わる頃に地上波では「ゆく年くる年」になっていたので、いいタイミングでした。
posted by かせっち at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

2011年を振り返って

特に取りとめもなく。

・何はともあれ、東日本大震災と原発事故。幸いにも親族が直接の被害を受けることもなく、仕事も甚大といえるほどの支障はきたさなかった。しかし東海地震の震源域にして浜岡原発の50km圏に住む身としては、他人事と思えない出来事であった。

・めっきりブログの更新が減ってしまった。民主党のアレっぷりに食傷気味か、慣れてしまったか、政治ネタも取り上げる気力が萎えているのも事実。ブログの回遊ルートを再考も必要か?その一方で、経済について考えを纏めるエントリを幾つか上奏。

・磐田?大卒三羽ガラスの活躍は収穫でしたが、前田や駒野に海外移籍の話が出てるし、那須が柏に行っちゃったし、代わりに名古屋から千代反田が来ましたが、ちゃんと働いてくれるかどうか。来年も降格してくれなければ御の字かなぁ…


ということで 今年は打ち止め

皆様 良いお年を
posted by かせっち at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

遠鉄百貨店 新館

郊外のショッピングモールに客を奪われ、鳴り物入りでオープンしたZAZA CITYも鳴かず飛ばず、経営破たんした松菱百貨店の再開発も宙に浮いて久しい浜松駅周辺の中心市街地に、遠鉄百貨店の新館が11/9(水)オープンした。

元々この場所には、浜松市と地元の私鉄・遠州鉄道(遠鉄)が共同運営していた複合施設・フォルテがあったのだが、施設の収益性と建物の耐震性の問題が指摘されており、結局遠鉄が施設を買い取って解体、隣の遠鉄百貨店・本館と連結したデパートに建て替えた。

本館と新館の間は屋根で覆われてちょっとした広場のようになっており、催事スペースとして使われる模様。また地下1階、及び3〜6階が渡り廊下でつながっており、3〜6階の渡り廊下もエスカレータで繋がっている。

地下1階は食料品を扱う、所謂「デパ地下」だが、生鮮物や総菜類は本館側、和洋菓子類は新館側に再配置されている。松菱が消え、ZAZAも失速し、唯一の対抗馬といえる浜松駅ビル・メイワンも、このデパ地下の規模には質量ともに引けを取る。

また新館と本館を3〜6階で連結したことは、両者間の回遊性が高まり、別建物でありながらワンフロアのように思わせることに成功している。個人的には、この規模なら郊外のショッピングモールにも十分対抗できるように思われる。

惜しむらくはレストラン街が貧弱なこと。新館にレストラン街が新設されず、従来の本館8階のレストラン街も相変わらず店揃えが貧弱な上に割高という点が改善されていない。メイワンのレストラン街に遠く及ばず、駅構内の食堂街の方がまだまし。
posted by かせっち at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

直撃

朝:

テレビのデータ放送で天気予報を見ると、台風15号はまっすぐ浜松に向かって北上中。3時間毎の降水予想は朝方は数ミリだが、12時・15時・18時に50ミリ3連発。恐らく台風は昼から午後3時辺りに上陸すると予想。


午前中:
雨が降りだす直前に会社に到着。その後、横殴りの雨が降り始め、ずぶぬれになって出社する同僚もチラホラ。浜松市内の小中高は休みになったが、台風が来ても出社するのは日本人らしいところ?「会社は出社差し止めにすべきだろ」という意見も。


昼:
相変わらずの横殴りの雨。昼飯を食べに出られないことを見越して、通勤途中のスーパーで弁当を買っておいたのは正解。この土砂降りの中を決死の覚悟で昼食に出る同僚達を「それじゃぁ皆さん、がんばってねぇ〜!」と見送る(外道)。


午後:
いよいよ台風最接近。浜松上陸コースということは、もしかして台風の目を拝めるのか?「恐らく近づいている時は真東の風ですが、通過したら真西の風になりますよ」とは後輩の意見。台風が反時計回りの渦を巻いて北上するから、そうなるとか。

そして午後2時。

それまで吹いていた真東の暴風雨がピタッと止まる。

急に静かになって不気味なくらい。

そして数分後に真西の暴風雨が吹き始める。


後輩の予言通り!

台風の真下ってこうなるのか!



夕方:
あれだけ荒れ狂っていた天気もおさまり、夕焼けも見えるほど。浜松市中心部でも河川沿いの地域にに避難勧告が出たようだが、自宅周辺では特に問題はなかった模様。ただし折れた街路樹の枝が至る所に散乱してたのが風の凄まじさを物語る。
posted by かせっち at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

7月も終わり

…暫く更新が滞ってますが、生きてます。

他人のブログにコメント入れたりはしてたんですが、

自分のブログの更新となると、ネタがねぇ…

「アレ」ネタはもう食傷気味だし。

まぁ、来月も似たような感じになるかも。
posted by かせっち at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

大晦日の過ごし方

あけましておめでとうございます

今年も与太話にお付き合いのほど

何とぞよろしくお願いします



01/01 2010大晦日なう(丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2)

(エントリより)
【話題】 大みそかってみんな何やって過ごしてるの?



私ね、紅白歌合戦って嫌いなんですよ。

下手な歌を中途半端な曲構成で聞かされるのもそうですが、合間に入る白々しい応援など、エンターテイメントとしての演出が生理的に受け付けないんです。

昔はそうでもなかったと思うんですが、ここ数年劣化度合いが甚だしく、民放のひな壇芸人バラエティのようで、見ていて痛々しく思うんですね。

ところが実家の家族はやっぱり見るんですよ。折角実家でのんびり過ごそうと思ってたのに、好きでもない番組を見せられるのはイライラすることこの上ない。

とはいえ、年末年始に家族と波風立てるのもどうかと思い、別室に引き籠ってネットしてるんですが、狭い家のことなので音が漏れてきて中々集中できない。

仕方がないんで、今年は近くのファミレスで、コーヒー飲みながら本読んでました。


次の年末は紅白が終わる時間に帰省しようかと思ったり
posted by かせっち at 07:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

2010年を振り返って

特に取りとめもなく。

・普天間の混乱、尖閣の問題など、民主党、そして中国の化けの皮が剥がれた一年。馬脚を現さないように、上手く立ち回る知恵はなかったのかねぇ(冷笑)

・磐田は今年のナビスコ優勝が来年の飛躍につながることを期待。しかし大分、FC東京と、ナビスコ優勝チームが翌年J2降格しているのが気がかり…(涙)

個人的には「『電池』を弾けるようになる」という2月の目標は概ね達成。後はカークのソロをクリアするだけだが、それが一番の難関だったりする(汗)


最後に小飼弾氏の書評を紹介して今年は打ち止め

皆様、良いお年を



A Wish for Something to Come True by Action - 書評 - 希望のつくり方(404 Blog Not Found)

(エントリより)
本書にも繰り返し引用される「希望の国のエクソダス」に、「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが希望だけがない」という印象的な台詞が出てくる。この台詞ほどには同書は印象的ではないのだが、それはとにかくこの台詞に対して強烈な違和感を私は感じつつ、その違和感をどう言語化してよいのかわからなかった。

これで、言える。

あの台詞のどこが間違っているかを。

著者は希望をこう定義する。

Hope is a Wish for Something to Come True by Action.
[希望]とは、「行動によって][現実化する][何か]である。

そう。行動によって現実化する何か。

だとしたら何もせずともそこに転がっている何かは、何であれ希望ではないことになる。

希望は、あったりなかったりするものじゃない。

作ったり作らなかったりするものなんだ。


posted by かせっち at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

ふと見上げると

ああ…夏の空になったなぁ…


と、眩しい日差しに目を細めるこの連休。
posted by かせっち at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。