2015年11月07日

J1 第33節(2nd 第16節)

広島、浦和、F東京、G大阪
鹿島、川崎、横浜M、柏
湘南、名古屋、甲府、鳥栖
仙台、神戸
15位 新潟  勝ち点33
−−−<残留確定圏:勝ち点31以上>−−−
−−−<降格確定圏:勝ち点29以下>−−−
16位 松本  勝ち点27
17位 山形  勝ち点24
18位 清水  勝ち点24

残留確定ライン:<16位の勝ち点>+1+(3×<残り試合数>)
27+1+(3×1)=31

降格確定ライン:<15位の勝ち点>−1−(3×<残り試合数>)
33−1−(3×1)=29


残留争いの15位新潟は湘南に先制され、16位松本は神戸に先制。このまま行けば松本の今節の降格は決まらなかったが、ここから逆転を許した松本が降格、新潟の残留が確定する。また清水が田坂監督になってようやく初勝利。
posted by かせっち at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更感はありますが、今年の二転三転した戦術では山形レベルに通用する程度のものとの結論が出た感じです。戦略レベルでは言うに及ばず、大丈夫か、という漠然とした不安は拭い去ることができませんでした。
清水のフロント関係者のお話が独り歩きする(アミーゴのアミーゴがフロントとかスカウトとかいう職場の同僚が結構います)展開はサポーターの不信感が選手にも向けられた格好でしょうか。
リアルサカつくは始まったばかりです。
Posted by クマのプータロー at 2015年11月08日 20:09
クマのプータローさん:

暫くPCの調子が悪く、お返事が遅くなって申し訳ありません。

清水については上から下までごっそり入れ替える、ある意味「清水的なもの」を全否定するくらい勢いでいかないと、1年でのJ1復帰は難しいと思っています。

これは昨年の磐田が既存戦力で勝ち抜けなかったことからきていますが、とはいえ、FWを総入れ替えて臨んだ今年も、未だ昇格を決められていないところがJ2の「泥沼」たる所以です。
Posted by かせっち at 2015年11月15日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429235479
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。