2012年06月10日

化けの皮

国会事故調・立証されてきた菅直人リスク(国を憂い、われとわが身を甘やかすの記)

先日の菅元首相の自己弁護は国会事故調には通用しなかったようである。

(エントリより)
 「今回の事故処理にあたって、菅総理が東電の全員撤退を阻止したと理解することはできない

 「官邸と発電所が直接やりとりをするという本来予定されていない情報伝達が行われ、発電所に対し、官邸、政府の関係者から情報入手のための頻繁な電話が入ることになった。また時には場違いな初歩的な質問がされるなど、発電所で現場対応にあたる者が余分な労力を割く結果となった」

 「オンサイトは、急速に悪化・進展する原子炉の状況に対し、一刻を争うタイミングで、しかも、停電となり真っ暗な状況や放射線量が上昇するなどで、極めて厳しい現場の中で必死に対応していた。こうしたなかで、官邸は、頻繁に介入を繰り返し指揮命令系統を混乱させた

 「東電本店は、本来、現場を支援すべき立場にあったにもかかわらず、官邸からの頻繁な干渉を調整することなく、単なる官邸の指示の伝達役となった

 「官邸は東電の社長から、最悪の事態に備えて退避の可能性を伝える電話がかかってきていると認識していたにもかかわらず、あえて電話に出なかった。本来であれば、官邸においてそのような事態に備えた検討が行われるべきであったが、その責任を回避していたと考えられる」


ばっさり(失笑)

こりゃ、アレがどんな反論をしてくるか見ものだ



官邸の過剰介入で混乱 国会原発事故調、論点整理で指摘(泥酔論説委員の日経の読み方)

そしてアレの英雄話もただのでっち上げにすぎないこともはっきりしてきた。
(エントリより)
もう1つの問題は、過剰介入を大活躍とするメディア操作が首相官邸で行われたということです。
「嫌がる東電」「情報を隠蔽する東電」、政府と東電が一体となって死力を尽くし事故対応にあたらねばならない瞬間に、「アイツが悪い」という悪玉論が必要なのか。
事故が収束した後で反省点として語るのは大いに結構ですが、いま目の前の火を協同し消す作業中にパートナーを批判して鎮火できるのか。
しかも、それが捏造情報を元にした批判であったこと。
官邸内の出来事をメディアにレクチャーしたのは、当時の官房副長官や総理補佐官、それに広報担当内閣審議官でしょう。
「政府関係者」と言うのは彼らを指しており、メディアは彼らの「憤り」やらを記事にしています。

<略>

パニックの菅首相の言動は見事な「大活躍譚」にスリ替えられている、こうした情報操作に対し、裏取りもせず垂れ流してきたメディアの責任は大きいのです。
なぜ情報操作が起こったのか、おそらくは菅氏の動揺ぶり失敗ぶりを糊塗し、首相に責任が及ばないようにする工作であり、そのためには東電を悪玉に仕立てる必要があったのでしょう。
そうした保身的な工作が、事故当初から官邸内で行われていたこと自体が驚きですし、国家が危機的な状況にあっても「私の生活が第一。」な原則が最優先だからこそ、いまでも「俺はやってない」というどこぞ教祖と同じことを呟くのですね。


参考:
愚劣なる将(当ブログ記事)
posted by かせっち at 19:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274391411
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

能無し
Excerpt: 久しぶりのブログの更新で扱う内容が「アレ」絡みとは、何ともはやなのだが… 旧聞・菅氏の国会事故調への反論について(国を憂い、われとわが身を甘やかすの記) (エントリより) さて、政局は風雲急を告げ..
Weblog: 今日の与太話 on the Blog
Tracked: 2012-06-16 19:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。