2012年05月29日

愚劣なる将

菅前首相、自己弁護に終始 真相究明なお途上(泥酔論説委員の日経の読み方)

国会事故調の事情聴取に臨んだ菅元首相は、案の定、自己弁護に明け暮れた。

(エントリより)
「情報の4分の3は霧の中」、かのクラウゼヴィッツは従軍したナポレオン戦争から得た教訓をこう記しています。
戦場ではロクに情報が上がってこないし、短時間で情報を評価することが極めて困難であることを指揮官は所与のものとせよ、言い換えれば「指揮官は約25パーセントの情報量で決断を求められているのだ」(松村劭著『戦争学』)ということです。
混乱の極みの最前線からは、情報の欠片しか上がってこないのは当然であるのに、「情報が全く上がってこなかった。手の打ちようがない怖さを感じた」」と菅氏が怯えたこと自体、最高司令官として失格なんです。
これが戦争だったらどうするのか、「情報が上がってこない」と叫んで首相がヘリで銃弾飛び交う最前線に行き、中隊長の顔と名前が一致したと満足して帰ってくるのでしょうか。

<略>

首相とは何か、有事とは何か、最高司令官とは何か、こうした基本も知らない御仁らが日本のトップであることの方が怖さを感じますよ。


昔 牟田口 今 菅直人


参考:
自身が怒鳴っている自覚すらない菅前首相(国を憂い、われとわが身を甘やかすの記)

韓非子の警告(当ブログ記事)
posted by かせっち at 20:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272460310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

化けの皮
Excerpt: 国会事故調・立証されてきた菅直人リスク(国を憂い、われとわが身を甘やかすの記) 先日の菅元首相の自己弁護は国会事故調には通用しなかったようである。 (エントリより)  「今回の事故処理にあたって、..
Weblog: 今日の与太話 on the Blog
Tracked: 2012-06-10 19:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。