2013年12月30日

2013年を振り返って

特に取りとめもなく。

・昨年の降格争いに触発されて、今シーズンは年間通じて降格争いをウォッチしてみたら、地元の磐田の降格を見る羽目に…(号泣)。来年はJ1の降格争いとJ2の昇格争いを並行してウォッチするつもり…だが、磐田は1年で戻れるだろうか?

・ということで、ほとんどJリーグ結果まとめと化してしまった本ブログ。来年も傾向は同じになりそう。

・個人的には…やっぱり余り変わりそうにない(汗)


ということで 今年はこれまで

それでは皆様 良いお年を
posted by かせっち at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

2013年・高額出費○と×

年末恒例、物欲の魔導師がお送りする、今年の高額出費○と×。

家のリフォーム…6桁円

以前から気になっていた引き違いの玄関扉の隙間風。昨シーズンの冬場の寒さ我慢ならず、サッシ毎交換。交換前とは比べ物にならない重厚さとペアガラスを備えた逸品は、意外と値が張った…隙間風は無くなったが、それだけで寒さが解決されるわけでもなく○


自転車…5桁円

長年乗ってきてボロボロになったクロスバイクから、台湾のGIANT社のミニベロ(タイヤ径の小さな自転車)ESCAPE MINIに乗り換えた。ミニベロらしいコンパクトでありながら、8段ギアで街中を飛ばすことも可能。カゴがもう一回り大きければ買い出しの時に苦労しないんだが…だらだらポタリングするにはうってつけ○


ユニクロ…多分6桁円

夏場の化繊のポロシャツの臭い対策で、下着を綿100%のVネックに全て置き換え。更に、春秋に来ていたミリタリーブルゾンが風を通し易いため、秋冬用に風を通さない防寒対策を施したフィールドブルゾンを購入…これを買うためにわざわざ名古屋まで行きました○


今年も玄関扉の交換の他をでかい買い物をしてません。
posted by かせっち at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

一万発の供与

韓国は何の戦いをやってるの?…南スーダンの状況と日本の弾薬供与の理由(保守速報)

南スーダンでPKO活動中の陸上自衛隊が韓国軍に一万発の弾薬の供与を行った経緯について。

要は、国連からパトロール程度と聞かされて軽装備でやってきた韓国軍が現地に来てみたら、大量虐殺が起きかねない危険な状況。急遽本国に追加の武装を要請したが、その間に事が起きたら現在の装備では心許ないので、同じ弾薬を持っていた陸上自衛隊に弾薬の供与を要請した、というのが事の顛末のようで。

(エントリより)
@kyuumaruTK
状況を整理しましょう。

@韓国軍は、韓国本土からの弾薬補給品、重火力等の防御戦闘用装備品を
25日に空輸開始予定

Aこれは最大限急いだ、大至急便である。

Bその到着までの間、現地の戦力で持久する必要がある。

Cしかしながら手持ちの弾薬では心許ない

Dそこで、より安全な地域にいる部隊から危険な地域にいる韓国軍へ、
『国連軍として』弾薬の融通を図ることにした

Eしかし、使える弾は日本かアメリカの物のみである

Fそこで、アメリカから5000発、日本から10000発の弾薬の緊急供与を
受けることとした。

G日本はこれに応じ、国連を通じ10000発の89式普通弾を空輸、韓国は
本日それを受領済みである。

H韓国現地部隊はこれに対し謝意を表明、また、陸自の予備弾も
また状況に見合わず潤沢ではない事を知るため、本国からの補給が
到着すればこれを日本に返却するものである。

Iこれは、大量虐殺や略奪、民族浄化を未然に防止するための緊急的な
人道に基づく作戦行動である

J現地では保護を求める難民が四万人規模で存在し、今現在も増え続けている

K国連軍は、追って速やかに7000人規模の増援部隊編成を検討し、
米軍もまた即応特殊部隊が作戦準備中である


一応、警備主力のインドは一部装甲車化・その他自動車化歩兵を
連隊+大隊規模で持ち込んでいますが、保護した避難民とインド軍兵士に
既に戦死者及び死傷者が出ています。


そもそも『支援はけしからん!』という人は日本の編成もまた工兵と
衛生兵が中心で、自衛隊の警護はインド、バングラデシュ、ルワンダ、
カンボジアに頼りきりなのをどう考えるのだろう。


韓国軍が自衛隊に銃弾提供を要請した真の理由が判明か!!!?これ本当なら安倍内閣GJすぎるだろ…(News U.S.)

一方で、特定秘密保護法に絡めた陰謀論的な話も…

(エントリより)
この話は当然、韓国側から申し入れがあったんだが、
そのときに
「この話は公表しないでもらいたい」
と韓国側が言ったそうだ。

しかし、安倍内閣は、その言葉に胡散臭さを感じて公表した。

ココから先はオレの推測なんだけど、
この話は、
韓国政府と朝日新聞などが
グルになって仕掛けた罠

じゃないだろうかと思う。
つまり「秘密防止法」成立してしまったので、
なんとかこれを廃止にしたい
マスゴミはチョンと打ち合わせて
銃弾の融通を日本政府に頼んで、しかもこれを
「秘密扱い」にすることを頼んだ。
そして、もし安倍内閣が
この件を秘密のままにしていたら、
数週間経った時点で
意図的にこの件をリークして、
朝日新聞が
「日本政府は『武器輸出三原則』に違反する行為を
秘密にして実行した」

と騒ぎ立てるつもりだったんじゃないだろうか。

そうすれば、
「やっぱり『秘密防止法』は危険だ」
というイメージを拡散できる。
朝鮮人や朝日新聞だったらこのくらいはやりかねない。

posted by かせっち at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

CASIO G-SHOCK MTG-M900BD-1JF

数年前まで腕時計はG-SHOCK MRG-1を愛用していた。

G-SHOCKの中では落ち着いたデザインで、カジュアルは勿論フォーマルもこなす「大人のG-SHOCK」MRG-1はお気に入りだった。千切れたベルトを換え、切れた電池を換えて使い続けたMRG-1だったが、経年劣化で文字盤回りのベゼルが剥がれ、押したボタンが戻らなくなるに至り、買い替えを余儀なくされた。

MRG-1から買い替えた腕時計は太陽電池で充電できるので、電池交換不要という触れ込みだった。最初は便利だと思っていたが、引き出しにしまいこんで太陽電池が機能しないでいると、電池切れで設定がクリアされてしまい、その都度設定をやり直さなければならなかったのは盲点だった。

その再設定がいい加減苦痛になってきたので、再び腕時計を買いかえることにした。

MRG-1のような「大人のG-SHOCK」が欲しいと思って調べると、現行のMR-Gシリーズがそれに当たるのだが、どれも6桁円もする代物ばかり。昔は5桁で買えたMR-Gも「G-SHOCKの最高峰」を目指す過程で6桁を突破したようだが、流石に腕時計に6桁つぎ込む気はない。

そこでMR-Gのような「大人G-SHOCK」路線ながら5桁円と比較的手頃な、MR-Gの下のブランドMT-Gシリーズから選んだのが、今回のMTG-M900BD-1JFである。

ほとんどのMT-Gがアナログ、或いはアナログ/デジタル混成の文字盤を持つ中で、MTG-M900DBは唯一デジタルのみの文字盤である。メカニカル部品を持たないということが、MT-Gの中で最も安い3万円代(実売2万円代)に貢献しているのであろう。

「MT-G」が「Metal Twisted G-SHOCK」を意味する通り、ボディは黒のメタルと樹脂の混成。バンドも艶消し黒のステンレス、文字盤まで黒ベース・白文字の反転液晶なので、ぱっと見はまるで「拳銃」(笑)。これがスーツに合うか心配になるが、この「武骨な黒」は逆にいいかも。

また、この時計も太陽電池による充電が可能だが、光のあるところにおいておかないとやっぱり電池切れを起こす。尤も、今時の時計ではお馴染みの電波時計に対応しているので、充電されたら自動的に時刻合わせがされる(はず…だよね?>カシオさん)
posted by かせっち at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

Jリーグ 第34節

今シーズンはもうアップしない予定だったが、優勝争いに波乱が起きたので上奏。

優勝まであと一歩まで迫っていた横浜Mが前節負けてしまい、優勝の行方は最終節までもつれこんだ。前節終了時点で優勝の可能性のあるチームは以下の通り。

1位:横浜M 勝ち点62 得失点差+19
2位:広島  勝ち点60 得失点差+20
3位:鹿島  勝ち点59 得失点差+10


このうち3位の鹿島は最終節で勝って横浜Mが負ければ勝ち点で並ぶが、得失点差で大きく差をつけられており、最悪9点差以上で勝たなければならず、ほぼ絶望的。

一方首位の横浜は最終節に勝てば文句なく優勝だが、引き分けると広島が勝った場合に勝ち点で並ばれる上に、得失点差で広島を下回って優勝を逃す、というかなりスリリングな展開になった。

同時刻開催になった最終節、広島は鹿島と対戦し前半に先制、更に鹿島が退場者を出し、広島が有利に試合を進める。一方、横浜Mは川崎と0−0のまま前半を終える。これは正に上で述べた横浜Mが優勝を逃す状況であり、横浜Mに重圧を与えたことは想像に難くない。

後半に広島が追加点を挙げた一方で、勝たなければならない横浜Mは逆に川崎に先制され、更に状況は悪化する。結局広島が2−0が先に試合を終え、横浜MはロスタイムまでGKを含めた全員攻撃に出るが、それも及ばず0−1でタイムアップ。広島が逆転優勝を飾る。


広島、連覇おめでとう!


さて余談になるが、この最終節の前、広島の松木一実市長が「カープは優勝してほしいけど、サンフレッチェは2位で良い」と発言したと暴露された。

広島市長が「2位でいい」と発言 サンフレッチェ広島広報部長が激怒(J-CAST)
広島市長がまた失言w「カープは何も言ってこないがどこかのチームはあれこれ言ってくる」(Samurai GOAL)


まぁ、軽口のつもりで言ったんだろうけど

ホームチームの市長が言っていい発言じゃねぇよな

優勝してどう落とし前をつけるつもりかね?



【イラッ】Jリーグ連覇の広島に松井市長がコメント「市民に夢と感動をありがとうございました(`・ω・´)キリッ」(Samurai GOAL)
posted by かせっち at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。