2012年09月29日

中国の野望

不惑には遠い日中関係の原点見据えよ(泥酔論説委員の日経の読み方)

「日中関係の原点を見据えよ」と説く日経の社説に対する泥酔氏の回答。

(エントリより)
所謂「歴史問題」を出してくるのは、それしか因縁をつける所がないって証左です。
繰り返しになりますが、尖閣問題は太平洋でアメリカと対峙しようという中共の大戦略の一環であり、「無人の小さな島々のために日中が争い、アジアの安定を揺るがしたり世界経済を危機に追いやったりしてはならない」だなんて矮小化するのは危険です。
彼らは数十年、百年の単位で太平洋への覇権を考えている、国家戦略としては当然のスパンですが、いまの日本人はそれをよく理解してない、いや理解できないようです。
1970年代、1000万人もの自国民を文化大革命で虐殺した中共は疲弊しきり、周恩来はアメリカや日本との接近を図ります。
力がない時は友好を進め、その間に力を蓄えるのが覇道というものですが、中共はこれを実践してきたのです。
それから40年、日本を抜いて世界第二位の経済大国になっただけではない、軍事的にも急速に近代化を果たしており、このまま放置しておけばアジア太平洋のパワーバランスが崩れるでしょう。
そうした観点でみると、数十年なんてのは「あっ」と言う間であり、とりわけ長いわけでもありません。
日経はじめメディアは40年前を回顧し、日中関係も原点に立ち返れと言いたいのでしょうが、あまりにもナイーブな思考だと言わざるを得ません。
40年間、中華実現のための戦略を着々と実行してきた彼らと、「力がない時は友好」という時代で停止している日本の中国観、このギャップが致命的です。


posted by かせっち at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

そして季節は巡る

外国人「いろんな最新テクノロジーがあるけど・・やっぱりこの日本の家電が最高だ!」(翻訳したらこうなった)

(エントリより)
【スレ主】
「いろんな最新テクノロジーがあるけど・・俺のナンバー1はこれだ!」

元スレ 海外掲示板
http://www.reddit.com/r/japan/comments/10dr8i/amidst_all_the_new_technologystill_my_no1/

− スレ主の言う通り!

− 俺もコタツが欲しい!

− また冬がやってくるのか・・


夏休みの片づけで放棄が決定した旧型機は、会社の先輩の家にドナドナされました。
posted by かせっち at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 踊るダメ人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

国債の金利

ここのところほとんど更新をしていないので、自分の理解のためのメモで穴埋め(汗)

国債、というか債券とは「これを買ってくれたら、将来の決まった日に額面に利息を上乗せして払い戻ししますよ」という証書である。この時の利息には考え方が2つあり、額面の一定割合を利息とするものを「利付債」という。例えば額面100万円で利息が1%だとすると、償還日には101万円が支払われる。

もう一つの考え方は「割引債」というもので、額面は100万円だが、実際の売買価格が99万円という契約になっている。この場合、償還日には額面の100万円しか支払われないが、債券を99万円で買っているので、差し引き1万円分が利息の働きをする。

で、昨今ニュースを騒がせている「国債の金利」とは、割引債的な考え方で説明される。

額面100万円の国債を持っていた人が、急遽現金が必要になり、「この国債は○年×月▲日になると100万円がもらえます。誰か買ってください」と募集したとする。この国債に人気があるならば買い手が集まって値段が高騰し、例えば99万円で買い手がついたとすると、100万円−99万円=1万円で、1%の利息がついたことになる。

一方、ギリシャやスペインのように財政状況が悪化しているような国の国債の場合、将来確実に償還されるか不安視されて中々買い手がつかないこともある。その場合、売買価格は額面から98万円、97万円、…とどんどん下がっていく。例えば93万円でようやく買い取ってくれたとすると、100万円−93万円=7万円で、7%の利息がついたことになる。

つまり、その国債に人気があれば、売買価格が上がって額面からの差額が大きくなり、結果的に金利が下がる。逆に国債に人気がなければ、国債の売買価格が下がってに額面からの差額が相対的に大きくなり、結果的に金利が上がる、ということである。まぁ、金券ショップで金券を買い取ってもらう状況に近いかもしれない。

また、仮に国債に人気が集まったとしても、額面以上の売買価格になることはない。例えば額面100万円の国債を200万円で買ったとしても、償還日には100万円しか支払われないので、100万円−200万円=−100万円で損をすることになる。将来確実に損をする取引をする者はいないので、結局、額面以上の売買価格にはならない。

このことは「国債バブル」という造語が嘘っぱちであることを意味する。バブルというのは資産価格が青天井に高騰する状況を指すが、国債には額面価格という天井があるため、如何に購入者が殺到してもバブルにはなり得ない。
posted by かせっち at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

そして秋が来て

夏休み中の片づけで出てきた不用品を買い取ってもらえないか、リサイクルショップの担当者に家まできてもらったが…


買い取れるもの 一個もなし(泣)

残ったのは 粗大ごみの山(泣)



仕方ねぇ、愛車デミオを「機材車モード」に変形させて、何回かに分けて捨てに行くか…
posted by かせっち at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。