2012年03月31日

太鼓持ち

自分達だけ難を逃れようと必死なマスメディアを信じるな(木走日記)

主張が一致することが滅多にない新聞主要5紙が、消費税に関しては奇妙なほど増税賛成で主張が一致している。

(エントリより)
 連日、消費税増税に突き進めと全紙社説にてメディアスクラム狂態なわけです、31日付け各紙社説から。

税制改革の法案提出―やはり消費増税は必要だ

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

消費税法案提出 首相は審議入りへ環境整えよ(3月31日付・読売社説)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120330-OYT1T01164.htm

社説:消費増税法案決定 民・自合意に全力挙げよ

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20120331k0000m070160000c.html

消費増税法案 与野党で修正し成立図れ 首相は最低保障年金の撤回を

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120331/plc12033103150008-n1.htm

首相はぶれずに突き進め

http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE6E2E2E1E6E2E5E2E1E3E2E1E0E2E3E08297EAE2E2E2;n=96948D819A938D96E38D8D8D8D8D


 いつからこの国は異論を認めぬ言論統制国家になったのでしょうか。


「消費税の減免措置を認めてもらうために、マスコミは財務省のお先棒を担いでいる」という陰謀論は以前からあったが、その一端を垣間見せる一文が読売の社説に忍び込まれていた。

(エントリより)
 マスメディアがなぜ消費税増税に賛成するのか、そのヒントが読売社説のこの一文にあります。

 低所得者対策として、法案は、減税や現金給付を行う「給付付き税額控除」や、社会保障の合計自己負担額に上限を設ける「総合合算制度」などを盛り込んだ。

 民主党内には、大規模な対策を求める声があるが、必要以上に規模を膨らませ、ばらまき色の強い内容にしないことが大切だ。

 欧州では、家計負担を軽くするため、食料品など生活必需品の税率を低く抑える複数税率を採用している。新聞や書籍も税率をゼロや大幅に低くする国が多い。複数税率導入も検討すべきだろう。


 なんというひどい文章なのでしょう、ようするに低所得者対策などはばらまき色の強い内容にしないで、つまりあまりしなくてよいから、新聞や書籍も税率をゼロや大幅に低くする、複数税率導入に力を入れろと注文しているのです。

 そうなのです、メディアスクラムを組んで財務省に媚を売るマスメディアの狙いのひとつは、新聞購読料の消費税免除にあります。


そういえば、最近朝日が脱税を指摘されていたなぁ…(冷笑)
posted by かせっち at 19:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

まにっく・まんでー

スザンナ・ホフス(53)が美熟女の件(Birth of Blues)


「誰やねん、それ?」と思ったら

バングルスのメインボーカルか!懐かしい!



「美熟女」だけあって年相応の美貌になったが、歌い方は全然変わってない(笑)
posted by かせっち at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

日立 MRO-JT5

10年以上使ってきた電子レンジが故障し、買い替えることになった。

家ではほとんど自炊をしていない自分にとって、朝食のパンを焼くトースター機能と、コンビニ弁当を温め直すレンジ機能さえあればよいのだが、「まともなトースター機能を持つ電子レンジ」は、実は思いのほか選択肢がないということを知らされた。

まず電子レンジにはレンジ機能のみの単機能レンジと、オーブン機能を備えたオーブンレンジがある。最近の電子レンジはほとんどオーブンレンジだが、オーブン機能が無い分安くできる単機能レンジにも一定の需要がある。尤もトーストは出来ないので、候補から脱落。

一方、オーブンレンジはオーブン機能を備えているので、それを利用すればトーストも焼ける…はずなのだが、実は予熱に時間がかかるという欠点がある。サイズの大きいものほど時間が掛かる傾向にあり、酷いものでは予熱だけで15分近くかかるものもある。

またトースト機能があっても、手動で裏返しが必要になる機種があることも注意するべき点である。これは最近主流のターンテーブル無しの機種に多く、置きっ放しで両面が焼けるのは昔ながらのターンテーブル式のようである。

このような事情を考慮していくと、トーストを焼きたかったら、電子レンジとは別にオーブントースターを買った方が実は合理的だったりする。単機能レンジ+オーブントースターの方が安いだろうが、似たような家電を2個も用意するのはスペースの無駄。

ということで各社のオーブンレンジ検討の結果、最終的に購入したのはMRO-JT5(日立)である。現状のラインナップの中では最下級なのだが、このモデルの前の機種が価格.comで「ちゃんとトーストが焼ける電子レンジ」として好評価だったことが購入を後押しした。

実際に使ってみると、大体5分強で焼き上がるようである。実はこの5分というのは絶妙のタイミングで、その間に並行してお茶を沸かしたり、ハムエッグを作ったりと、他の朝食の準備するのにちょうどよい。焼き上がりも外はカリッと、中はフワッとと申し分ない。
posted by かせっち at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

児戯

「ルーピー」鳩山に怒り心頭だったオバマ大統領
アジア政策を支えた側近の回顧で明らかに(JBpress)


アメリカのオバマ政権の元高官の回顧録によれば、オバマ政権が鳩山政権に抱いた不信感は激しく、日米同盟を危機に陥らせるに十分なものであったという。

アメリカを苛立たせた最大のものが鳩山氏の持論である「東アジア共同体」構想だったのだが、それは東南アジア、豪州、韓国すらも明確に反対した代物だった。

(記事より)
 ベーダー氏はこんな実態を明らかにしたのだが、特に「東アジア共同体」構想については、「ベトナムまでが深刻な懸念を表明した」と述べていた。「米国と戦ったベトナムがこの東アジア共同体なる構想の戦略的な愚かさを認識し、他方、米国のアジアでの最大の同盟パートナーである日本がそれを認識しないという皮肉は痛烈だった」とも言う。

 アジアの他の諸国も鳩山政権の主張するような東アジア共同体への動きが現実に始まれば、もっぱらその構想の中心に立つのは中国であり、中国の影響圏の拡大をもたらすだろうと考えていたとも言う。

 だからこの構想にはオーストラリア、シンガポール、韓国、インドネシアの各国も明確に反対していたとのことだった。要するに鳩山政権はアジア各国の反対を押し切る形で東アジア共同体構想を進めようとしたと言うのだ。

 ベーダー氏は「鳩山政権のこうした言明は戦略的にも、外交的にも、日本の従来の立場にはあまりに矛盾していたが、正面から反発することを懸命で避けた」と述べ、オバマ政権内には鳩山政権のこうした動きへの怒りや不満が渦巻いたことを明らかにしていた。

 そして「鳩山政権のそうした矛盾した愚かな政策スタンスは日本国民の反発をも招き、日米同盟の現実の重みにも押しつぶされて、政権自体の命運を終わらせる結果となった」と総括していた。

 ベーダー氏はこの時期が米国にとって、さらには日米同盟にとっては、「非常に苦しく危険な時期だった」と評し、「それでもなお米国側の忍耐がどうにか最悪の危機を避けることとなった」とオバマ政権側に危機回避の功を与えていた。
posted by かせっち at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

必須の技術(笑)

【画像あり】WEB業界ろくろ回しすぎワロタwwwww(暇人速報)


「IT業界人にはITの他に必須の技術があったのだよ!」

「な、なんだってー!」



…詳しくは上記サイトに張られた画像にご注目(笑)
posted by かせっち at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

業務連絡

老化を遅らせ長寿になる秘訣は空腹状態を保つこと(イスラエル研究)(カラパイア)

「老化を防ぎ、長寿でいるには、相応の努力が必要だ」というイスラエルの研究。

(記事より)
 イスラエルのバール・イラン大学研究チームは、「サーチュイン遺伝子」を活性化することで、マウスが約15%長生きするという研究結果を2月23日付の電子版学術誌『ネイチャー』に発表した。

 サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子”、“若返り遺伝子”とも呼ばれ、日本のテレビなどでも話題となった遺伝子だ。哺乳類が有する7つの同遺伝子のうち、欠損すると加齢症状に似た異常が出る「サーチュイン6」に注目した同チームは、遺伝子組み換え技術で、この遺伝子の働きを高めたマウスを2系統作成し、寿命の変化を調べた。その結果、オスのマウスでは、平均寿命がそれぞれ14.8%と16.9%延びたという。

 つまりはサーチュイン遺伝子を活性化させることが不老長寿の鍵を握るわけなのだが、さてどうすればこの遺伝子が活性化するのか?その秘訣はカロリーの摂取を抑え、空腹状態を保つことにあるという。


食い気を取るか 若さを取るか>大阪の某
posted by かせっち at 15:26| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

怒りの電流

機能停止したロボットに「動けぇぇぇっ!」って叫んだら再起動する謎(ろぼ速VIP)


…えーと、電人ザボーガーの最終回のことですか?


基地を破壊され、エネルギー枯渇に陥ったザボーガー。無理を承知で敵の首領との最後の戦いに臨むも、燃料切れで身動きが取れなくなってしまう。絶体絶命のピンチに、ザボーガーを操作する大門豊が叫ぶ!


「ザボーガー!怒りだ!怒りの電流だ!」


突如として息を吹き返すザボーガー!


…子供心に「それはないわ…」と思いましたよ。


参考:
電人ザボーガー(Wikipedia)
posted by かせっち at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。