2011年08月31日

中盤だけのサッカー

「ミッドフィールダー集団」=民主新役員の布陣で野田新首相(時事 - Yahoo!ニュース)

(記事より)
 野田佳彦新首相(民主党代表)は31日午後の同党両院議員総会で、輿石東幹事長ら新たな党役員人事について、「全体を見渡して戦略的にパスを回せるミッドフィールダーの集団が必要だ。そういう観点から提起した」と、攻めと守りの両方に対応できる実務型の布陣であることを強調した。


横パス回すばっかりでチャレンジせず

バカの一つ覚えのクロスを叩き落され

バイタルをガラ開きにしてミドルを決められる

ダメなときの日本代表になるだけじゃないですか?(冷笑)


FWだけじゃサッカーはできないが、FWが居なけりゃ点は取れないからなぁ…
posted by かせっち at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

被害者の特徴

08/29 ★兄が公認会計士だと経済がよくわかる弟って誰?(丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2)

民主党の新代表が決まったので、取り上げておくか。

(エントリより)
247 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/08/27(土) 15:53:42.82 ID:i21X3AnC
作家・大石英司氏のメルマより

ttp://melma.com/backnumber_173916_5272640/

どんなに過激な革命家も、国を乗っ取った瞬間から変身するのに、
彼は国を乗っ取った後も、嬉々として国を破壊し続けた。

この後、どんなに酷い政権が誕生しても、
「それでも菅政権よりはましだ」と言われるでしょう。

私が生きている間、菅政権より酷い政権運営を目撃することは絶対に無いと断言できる。


249 名前:有名希望の名無しさん@出先[sage] 投稿日:2011/08/27(土) 15:56:21.91 ID:RF+YdD8u [8/33]
>>247
なんて認識が甘いんだろうこの作家は。

>この後、どんなに酷い政権が誕生しても、「それでも菅政権よりはましだ」と言われるでしょう。

代用政権末期のときも、
「ルーピーよりはまし」って言ってたんだよ・・・



458 名前:木道 ◆VEkb2cSbK2 [sage] 投稿日:2011/08/27(土) 18:32:35.74 ID:qMsKxtkP [2/4]
>>427 >>438 >>447

今現在の段階で、
「民主党で総理として最もマシなのは鳩山だった。もう、鳩山以下しか出てこない」
って言ってもネガキャンと捉える人が多いですが、
ちょうど2年前の今頃は、
民主党支持者のほぼ全員がこう言ってましたよ。

 「民主党で最も総理にふさわしいのは鳩山」
 
ちなみに菅総理の時も同じ様な事を言ってました。
どうして、
「次こそは鳩山よりはマシ、菅よりはマシ」
とか言えるのか全く分かりません。


あんたら自分で「鳩山が民主党で最も」とか「菅が・・・」って言ってたでしょ。
自分達が最も理解しているはずなのに、どうして、
「次こそはマシなのが出てくる」なんて思っても無い事が言えるのか、さっぱり分かりません。


483 名前:木道 ◆VEkb2cSbK2 [sage] 投稿日:2011/08/27(土) 18:46:56.74 ID:qMsKxtkP [3/4]
>>463-464

個人的に訪問詐欺被害の常連の方を知っているんですが、全く同じ手口で何回も騙されるんですよ。
みんな、不思議に思うんですね。
「どうして、また、騙されたの?」

その答えは決まってるんです。
「こんどこそ、大丈夫だと思ったんだ」
 
手に負えないから消費生活センターに案件を持ち込んで、終ったついでにベラベラと世間話をしてたら、
「そういう人、結構、多いですよー」
って言うんですね。

その時は、正直言って、
「そりゃー、「ここ」なら、多いだろうねw」
くらいに思ってたんですよ。

でも鳩山政権も菅政権も次期政権も手口が全く同じなんですよ。
でも、既に民主党の支持率がラ党を上回りました。
http://www.asahi.com/politics/update/0826/TKY201108260594.html
消費生活センターでは、「騙されて一票を投じたんですけど、どうすれば良いですか?」
って相談には乗ってくれないんです。困った事に。


映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』より

息子よ あなたはただちに市場から立ち去らなくてはならない

ここではすべての善良なものが血でけがされている

神は沈黙を保てないだろう

不浄の町は炎によって造られたのだから

滅びも炎によって行われる

悪から生じたものは決して善にはならないのだ

だから息子よ

あなたも 備えなければならない
posted by かせっち at 20:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

煮詰まっていく過程

ウェブ時代のクレーマーの群集化、その心理(やまもといちろうBLOG)

ネット議論のダークサイドを説明したブログ記事。

(エントリより)
・ ウェブになって、同好の士を集めやすくなった。<略>



・ マイナスの感情を持つ人同士も情報交換できるようになった。<略>



・ ウェブは多様化だけではなくタコツボ化する方向にも作用した。<略>



・ 不確かな議論が確定・前提になっていく。<略>



・ コップの中の社会問題が拡散していく。<略>



・ 独善性を帯び始める。<略>

 なんというか、「ウェブは馬鹿と暇人のもの」というのは、ある一定以上、現実を理解する手助けになっているといえよう。
posted by かせっち at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ&ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

努力の成果

ランチの量を少なくするだけで、自然と1日の総摂取カロリーが減ることが判明(Gigazine)

(記事より)
体重を減らすためには好きな食べ物をカロリーを理由に我慢して空腹に耐えたり、意識して運動する必要がある……というイメージが強いですが、もっと手軽な方法として、昼食を軽いものにすることで摂取カロリーを減らしていき、結果としてやせることができるというデータが発表されました。


昨年の健康診断で目出度く「太り気味」の判定を受け、「体重を減らす努力をしましょう」と医師から宣告された。それから1年かけて5kg減量し、目標とする大台割れももうすぐというところまでこぎつけている。

特に目立った運動をしてなかった(自転車通勤をしなくなったので、運動量は寧ろ減った)ので、この体重減は純粋に食事面での成果といえる。この1年でやったことをここで御紹介しよう。


毎日体重を測って記録する

まぁ、これは誰でもよくやる手。測っただけでは体重は落ちないが、自分の体重を自覚することが減量の第一歩。


コーヒーやめてミネラルウォーターかお茶

仕事中に結構飲んでいたコーヒー(砂糖&クリーム入り)を止めるように医師から宣告される。尤も口寂しいから飲んでいただけなので、水でもお茶でもなんでもよかったのが実際のところ。


牛乳やめて豆乳

毎朝のシリアルにかけていた牛乳を豆乳に変更。成分無調整の豆乳は口に合わず、牛乳の味付けに近付けた調整豆乳で代用。牛乳を飲まなくなったので、昼にヨーグルトで乳酸菌を補給。


朝昼は充実・夜は軽め

今回の引用記事とは異なる方法だが、活動する朝昼の飯は充実させ、後は寝るだけの晩飯はそばやうどんなどで軽くすませている。デスクワークなのでエネルギー消費が少ないし、この年なると大食いしなくなるので、これでも十分になっている。


最後は「継続は力なり」

とはいっても、時々の息抜きは必要。体が欲している時は甘いものも食べるし、大好きなカフェラテも時には飲む。でも最近はカフェラテを豆乳入りのソイラテに換えたりはしている。


ということだ

関西の某よ 参考になったか?
posted by かせっち at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ&ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

不況下の増税がダメな理由

危険なフレーズ(新世紀のビッグブラザーへ)

不況下の増税が悪手である理由を端的に示した記事。

(エントリより)
 政府の徴税(及び国民の社会保障費用の支払い)とは、GDPから政府に分配される所得に過ぎません。GDP以外から、政府が税金を得ることはできないのです。(政府の財源は、他に貯蓄から借り入れる国債発行、及び通貨発行があります)

 増税とは政府の取り分を増やすという話なので、GDPから政府の取り分を除いた国民の可処分所得が減ります。可処分所得が減ると、日本国民(企業含みます)は支出(消費・投資)を減らします。
「可処分所得が減った。おしっ! 消費や投資を増やそうっ!」
 などと考える人は、ほぼ皆無でしょう。

 無論、増税により「より多く配分された」税金は、「復興増税」の場合はGDPへの支出(多くは公的固定資本形成)に回りますが、国民全体の消費意欲、投資意欲の減退をカバーするには足りません。国民の消費・投資意欲が下がると、乗数効果も下がってしまいますので。

 結果、増税により「次の段階」のGDPが減り、GDPから政府に配分される所得である税金も減ってしまうのです。(橋本政権のときに、もろにこうなりました)


「徴税とはGDPから政府に分配される所得」

「増税とはGDPから政府の取り分を増やすこと」

この2点に全ての回答が集約される
posted by かせっち at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

神話の風景

安全神話を補強してきたもの(重箱の隅をつついて言うだけならなんとでも)

(エントリより)
一時メディアが「安全神話の崩壊」としきりに放送していましたが、安全神話というものが「地域住民の方々の心理的不安や感情的反応」への対策として“絶対安全アナウンス”の必要性から始まり、ミイラとりがミイラになった挙句、実際にそこに存在する問題を目隠しするものであったこと、住民の方々への必要な説明や情報共有を怠ることを許してきたこと、それらの要素が更に「安全神話」を補強してきたことが垣間見えます。


現代に紡ぎ出される「神話」というものは「新幹線は死亡事故を起こさない」というものから、「○○がホームランを打った試合は負けない」「××が実況した試合は負けない」等といった他愛もないものまであるが、確定的なことは以下である。


「神話」と呼ばれる事象の当事者は

その事象を「神話」などと思ってはない

彼らは日々の努力を積み重ねているだけで

彼らの努力の結果が「神話」的に見えるだけである

当事者の努力の結果を「神話」と呼ぶ者は大抵は部外者であり

「神話」を「神話」たらしめることに直接努力を払わない者である



例えば新幹線の安全神話にしても、新幹線システムのハード面や運行管理のソフト面、そして最終的には現場の人間の努力に支えられている。自分の行いを「神話」的行動と思う現場の人間はおらず、与えられた仕事でベストを尽くしているだけである。

一方で、新幹線で何か事故が起きれば―――例えば中越地震での脱線の時―――マスコミは「安全神話の崩壊」などと書きたてるが、それではマスコミは「新幹線の安全神話」を真に「神話」たらしめるために一体何をしているというだろうか?


あんたらが勝手に「神話」と呼んで

「神話」が崩れそうになったときに

勝手に動揺しているだけじゃないの?
posted by かせっち at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ&ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出かけるときは(鍵を)忘れずに

「部屋に入るな」と張り紙しておいたら、家族がとんでもない写真をネットに上げちゃった(らばQ)

(エントリより)
思春期ともなれば、自分の部屋は城のような空間であり、家族には勝手に入られたくないものです。

ある少年が4週間のキャンプに行くことになり、自室のドアに「入らないように」と張り紙をしてから出かけました。

すると家族は部屋で好き放題し、しかも写真をネット上に次々とアップロードしてしまったと言うのです。


爺さんも婆さんも悪乗りしすぎ(爆笑)


その昔、電気屋のおまけで郷ひろみの顔のついたハンガーをもらったので、ジャケットを着せて姉の部屋の蛍光灯のスイッチ紐に括りつけておいた。その姿は郷ひろみがその場に立っているかのよう。

夕刻、帰宅した姉貴の部屋に響き渡る悲鳴。


すまん、姉貴(笑)


ちなみにこの所業は母親公認だったと思う(笑)…てか、そうでなきゃ成功せんわな。
posted by かせっち at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

新たなる目標

3年前に現在の自宅を買った時に抱えたローンを、先日繰り上げ返済した。


これで手取り全部お小遣いだ!ざまあみろ!


実際には土地建物本体は現金払い、ローンを組んだのはリフォーム分だけなので、額自体は大したことはなかった。最初は1年くらいでやっちまうかと思っていたが、流石に手元不如意になるので、最近まで待った次第である。

一方で、中古で買った現在の自宅は今年で築30年を迎える。入居前に耐震リフォームをしてはいるものの、このままこの家に10年、20年住み続けると、その頃には築40年、50年を迎える計算になり、流石に寿命かと思う。


ということで、10年後以降を目処に完全建て直しを計画中!


まぁ、それまでに建て直し費用を稼がなければなりませんが…(号泣)


参考:
一戸建て購入騒動:資金調達(当ブログ記事)
posted by かせっち at 20:04| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

現実的な反対論

原発もあの戦争も、「負けるまで」メディアも庶民も賛成だった?
加藤陽子・東京大学文学部教授に聞く【第1回】(日経ビジネスオンライン)


元NHKアナの池上彰氏と、『それでも日本人は戦争を選んだ』の著者、加藤洋子氏の対談記事。これまでの日本人の原発に対する関わり方が、戦前戦中の戦争に対する関わり方と似ているというのが記事のポイント。

福島の事故が起きるまで原発反対が趨勢にならなかったのと同様、戦時中にも戦争反対を説いていた人はいたが、国民を動かすまでには至らなかった。治安維持法などによる弾圧もあったが、理由そればかりではないという。

(記事より)
加藤:それは、反対派の論じ方にも問題があったと思います。現実的な反対論というのは、本当に難しい。すぐに「絶対反対」の理想論に走り、神学論争を仕掛けてしまう。すると、先ほど池上さんがお話しされた自衛隊のヘリコプター問題のような「現実」がないがしろにされてしまう。今の原発だって、止めるにしろ続けるにしろ、「原発が実際にある」という「現実」を見据えないと、対応はできませんよね。廃炉に至るまでの工程では、まさに原子炉工学の粋が必要になってくる。専門家と技術者と運営主体は今後も欠かせないわけです。理想を掲げた反対運動に殉じてしまう。これでは「現実」は動きません。

 個人的にはリベラルや左派こそ、オタクと称されるほどに、軍事や科学や技術に通暁して欲しいと思います。リベラルによる現実主義、保守による理想主義。この、あまり見かけない、たすき掛けの組合せを追求したいものです。


参考:
脱原発の風潮は60年安保闘争に似ている(田原総一朗の政財界「ここだけの話」)
posted by かせっち at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ&ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

団塊の治世

団塊の世代が日本を滅ぼす(散歩道)

(エントリより)
団塊“お花畑組”総理が国を滅ぼす

 安倍政権発足当初、ある政治評論家にインタビューをしたところ、「団塊世代には人材がいない。団塊世代を飛ばして世代交代は進む」と言われた。乱暴な世代論だな、と当時は思っていたのだが、「鳩菅」という団塊総理を経験した今、その政治評論家の言葉が非常に重く感じられる。

<略>

 民主党に肩入れしてきた朝日新聞も、「鳩菅」を団塊世代の代表として、意識的に後押ししてきた。政権交代直後には、若宮啓文氏(1948年生まれの団塊世代)が、次のようなコラムを書いている。

「団塊の世代がついに政権についた。歴史的政権交代が実現した日にそんな感慨を覚えたのは、私自身もこの世代だからだろうか。新たな首相は1947年2月生まれの鳩山由紀夫氏(62)である。
『鳩菅』コンビで民主党をつくった副総理の菅直人氏(62)も46年10月生まれの同学年。東工大で学生運動のリーダーをし、市民運動を経て国政に挑んだ経歴はミスター団塊の趣だ。『自民党を倒して政権をとる』と大言壮語して30年余。伸子夫人が『これで私も、詐欺師の嫁さんと言われないで済む』と笑ったそうな。
 平野博文官房長官(60)、千葉景子法相(61)、赤松広隆農水相(61)らもこの世代。東大闘争に加わった仙谷由人・行政刷新会議担当相(63)は準・団塊組か。これは相当な『団塊の布陣』である。(略)
 それというのも自民党のせいだ。3年前、首相の座は小泉純一郎氏(67)からいきなり安倍晋三氏(55)に若返ったが、これが失敗するや福田康夫(73)、麻生太郎(69)の両氏に逆戻り。団塊世代は頭を飛び越されてばかりなのだ」(2009年10月8日付朝日新聞より)

 このコラムには、団塊お花畑組のルサンチマンがよく表れている。朝日新聞が安倍政権をひどくバッシングしたのは、イデオロギー的な対立ということ以上に、「団塊世代は頭を飛び越されてばかり」という、いかにもミーイズムな動機があったのかもしれない。そんな彼らにしてみれば、「団塊の布陣」を敷いた民主党政権の誕生は、それまでのルサンチマンを晴らす最高の瞬間だっただろう。

<略>

http://miyajima.ne.jp/index.php?UID=1312254730


その団塊の世代に政治を任せた結果がこの2年間ですか

本当にありがとうございました
posted by かせっち at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 世代間問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

あずきザザー!

作曲のスパイスに!?iOSアプリ「あずきザザー」

(記事より)
 (株)ピー・ソフトハウスは、物理シミュレーションアプリ「あずきザザー」をリリースした。あずきザザーは、ザルの中のあずきの動きと音を独自に開発した物理エンジン“あずきシミュレーター”を搭載。また、動きとシンクロした音を作り出す“あずきシンセサイザー”により、リアルさを追求している。価格85円。


あはははは!くだらねぇ!

でもこのくだらなさをクソ真面目にやっている心意気に惚れた!

posted by かせっち at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生とは…

3つの時代を比べてわかる「人生のジレンマ」(らばQ)

(エントリより)
1. 子供時代
エネルギー:たっぷり
時間:たっぷり
お金:なし

2. 大人時代
エネルギー:あり
時間:なし
お金:あり

3. 老人時代
エネルギー:なし
時間:たっぷり
お金:あり


大学生 暇はあるけど 金はなし

社会人 金はあるけど 暇はなし

人生 うまくできている
posted by かせっち at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ&ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生水OK

【中国BBS】そのまま飲める日本の水道水に、中国人が驚き!(サーチナ)

場所によってはカルキ臭かったり、生水NGである場合もある日本の水道水だが、総じてそのまま飲めることは中国人には驚きという話。

そういえば、以前うちの会社に仕事で来たインド人が、給湯室の水道の蛇口を指差して「これは飲めるんですか?」と聞いてたっけ。

(エントリより)
● aukddi   
  中国旅行に行く日本人には、事前に中国の水道水は飲めないと説明する必要がある。旅行者が薬を飲むのに中国の水道水を使ってお腹を壊したということがあったらしい。俺が中国に帰国したときもお腹を壊したが、日本に帰ってきたら治った。中国の水源地の状態を見てみろ。中国で生水を飲んでも平気になったら、それはこの劣悪な環境に順応した証拠であり、中国の水道水が日本の基準に追いついてきた証拠ではない。
posted by かせっち at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。