2011年06月28日

もうすぐ2年

行動経済学から見えてくる“政治混乱”の危険な実態
「近視眼的な損失回避行動」で大損失を被った日本人(ダイヤモンド・オンライン)


(記事より)
 行動経済学の命題の中に、“近視眼的な損失回避行動”というものがある。それは、目先の損失を回避しようとするあまり、後になってそれを大きく上回る損失を負担することになるという考え方だ。

 多くの政治家は、意識してか無意識かは別の問題として、この“近視眼的な損失回避行動”の理屈を利用しているように見える。選挙運動のときには、有権者に耳触りの良い公約を並べて、いざ実際に政策運営をすると、わけのわからない理屈をつけてその公約を反故にするようなことがそれに当たる。

 先の衆院選挙のときの民主党のマニフェストを見ると、今となってはとても実現できない政策が少なくない。有権者は、そのマニフェストを頭から信じて民主党に票を投じたのではないだろうが、何らかの期待を持っていたことは確かだろう。

 そして、菅首相の政策運営を見るにつけ、「失敗した」と後悔している人もいるはずだ。

 民主主義の考え方は、「過半数の人は間違えることが少ないだろう」というロジックが基本になっている。ところが、過去の歴史を振り返ると、多数派意見が間違っているという例は、それこそ枚挙に暇がない。我々は、多数決も間違えることがあることを肝に銘じるべきだ。


「今となってはとても実現できない政策」…だと?

そんなこと、2年前から明らかだったはずだが?



参考:
「脱・原発」は正しいコストで議論を、廃止に向け現実的な計画が必要だ(日経BPネット)
posted by かせっち at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

国道150号を行く

東京に住む親族の誕生日に贈るメロンを買い求めに、袋井まで国道150号を走る。

今の時期の国道150号の道沿いには田植えの終わった水田が広がり、まるで緑の絨毯の中を走るようで気持ちがいい。その一方で、道沿いには潰れたコンビニやパチンコ屋に中古車屋、更地にされたばかりの空き地が今まで以上に目に付いた。

各町の中心部近くを走る主要幹線の国道1号に比べ、農業以外に目立った産業がない郊外(悪く言えば僻地)を走る国道150号ではビジネス的には不利とはいえ、「国道150号の寂れ様もここまできたか…」と思わざるを得なかった。

このような国道150号沿いの状況は御前崎に至るまで同じだが、その中で一部地域だけ例外がある。そこでは1車線から2車線に拡幅され、道沿いには比較的大きい商業施設が立ち並ぶ。それは旧浜岡町、即ち浜岡原発周辺である。

原発に関する交付金や補助金が国道及び周辺整備に投下された結果であることは、想像に難くない。そしてこのことは、原発交付金が止まれば旧浜岡町周辺も他の国道150号沿いのように寂れてしまうことを示しているようでもある。
posted by かせっち at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 論考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

3-4-3の手本

前編。4バックと3バックはどこが違うの? そしてその機能性の話。(FCKSA55)
後編。4バックと3バックはどこが違うの? そしてその機能性の話。(FCKSA55)

4バックと3バックの解説。そしてザッケローニがキリンカップでテストした(そして可もなく不可もない結果になった)「3-4-3」について、参考となる布陣がかつてJリーグに存在したという。

「日本代表よりも強い」と称された黄金期の磐田の「N-BOX」である。

(エントリより)
そして、最後に、正確には「3−4−3」ではないのですが、3バックシステムで攻守に高い機能性を発揮していた、しかも、日本人選手だけでそうであった、そういうチームがあった事について書いて終わりたいと思うのですが、それが、黄金期のジュビロ磐田というチームでした。

2トップに高原と中山、トップ下に名波、左WBに奥、右WBに藤田、ダブルボランチに服部と服西、3バックに、左から、山西、田中、鈴木、というメンバーで、その機能性のポイントはどこにあったのかと言うと、それは以下の5つでした。

@ 高原と中山の高い起点力と得点力。
A 名波は1.5列目ではなく2.5列目。
B WBの選手のポリバレント性の高さ。
C サイドも中央もカバーできるダブルボランチ。
D SBタイプである山西を3バックの1枚として起用。


参考:
N-BOX(Wikipedia)
posted by かせっち at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

後の祭り

「私達は何故、一度任せてみて下さいという甘言に騙され民主党に託してしまったのだろう?民主党外交の杜撰さ幼稚さには怒りを通り越し涙が出る」と、週刊現代副編集長が日本国民にお灸をすえる(Birth of Blues)

(エントリより)
犯人はお前か!wwwwwwwww

 思えば、麻生政権時代、日本で『週刊現代』の政治記者をしていた私は、毎週のように、麻生首相の批判記事を書いていた。「麻生総理、この漢字読めますか?」「ゴルゴ13を見て外交するなかれ」・・・。いまでも当時のタイトルが頭に浮かぶが、先週、2年ぶりにご本人を間近で見て、懺悔したい気分に駆られた。菅外交に較べたら、麻生外交には何と華があったことか! 民主党外交に較べたら、自民党外交は何と老獪だったことか! 

 私たちはなぜ、「一度任せてみて下さい」などという甘言に騙されて、民主党に政権を託してしまったのだろう? この2年間、北京から見ていて、民主党外交の杜撰さ、幼稚さには、一日本人として怒りを通り越して、涙が出るほどだ。


江川彰晃を筆頭に、我々を善導してくれるマスコミは概してこんな感じでしたねぇ。

 山田 私は2回の党首討論で鳩山さん(由紀夫民主党代表)のこと、見直しちゃった。言葉がすっと、心に入ってきた。点数をつけるなら、9対1で圧勝かな。まさか鳩山さんを好きになるなんて。

 江川 「友愛」って、今の世の中に一番足りないことを言おうとしている。人が中心ということで、少なくとも安倍さん(晋三元首相)の「美しい国」よりもいいですよ。

 山田 でも、初回(5月27日)は何度も言い過ぎ。友愛と書いた看板でも背負っていればいいのにと思った。

 石川 私は一緒に食事するんだったら……。

 山田 ははは、なんで?

 石川 結構大きいじゃないですか、そういうのって。絶対、鳩山さんとです。麻生さん(太郎首相)とは、たとえどんな高級な料理でもイヤ。



◆政権交代するの?

 江川 それにしても、なかなか解散しませんね。一日でも長く、総理大臣の椅子に座りたい人がいるから。

 山田 政治ジャーナリストのおじさまのなかには、民主党には政権を担うなんてできっこないって言う人が多い。官僚たちも民主党だとすごく大変だと思っているみたい。

 石川 村の長老たちが、自分たちの握ったモノを若い連中には渡さん、と言っているのとまるっきり一緒。

 山田 首相の器がどうというのも、何だかおじさんの発想じゃない?

 石川 最初からできる人なんて、いるわけがない。

 江川 最後までできない人だっているんだし。

 石川 そうそう。失敗してもいいから、まずはやってみないと。もう、器がある人にすべてお任せするという発想から脱却した方がいい。


「失敗してもいいから、まずはやってみないと」といって

やってみた結果がこれでした

本当にありがとうございました
posted by かせっち at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

バルサが目指したもの

今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは、バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドを3-1で下して幕を閉じた。試合巧者のマンチェスターにほとんど主導権を渡さず、自分達のサッカーを当たり前のように実行して難無く勝ってみせたバルセロナは、名実共に最強のクラブとなった。

そのバルセロナのサッカーを解説する記事2つ。

最新トレンドは「ポジションレス」!?
CL決勝にみる、バルサ究極の進化形。(Number Web)


(記事より)
 ならば今回、バルサに勝利をもたらしたキーワードは何か。しいて言えば、それは「ポジションレス」と表現できるのではないかと思う。

 もともとバルサは、他のどのチームよりも選手がポジションとパスを頻繁に交換するチームだ。ポジションなどあって無きがごとくだし、このような伝統はクライフのトータルフットボールにまで遡る。

 しかし、バルサの選手のシームレスな動き方は2年前に比べても格段に進歩していた。以前のトップレス(ゼロトップ)は主にFWとMFを対象としたものだったが、今のバルサではFW/MF/DFという垣根さえなくなりつつある。

 しかもコンビネーションの精度と速さは飛躍的に向上。結果、メッシは以前にも増して「個」としての能力を発揮できるようになっただけでなく、チーム側はスケールアップしたメッシを、一枚の「駒」としてフルに活かすことが可能になった。これこそが今回観察された「進化」の本質だった。

 と同時にバルサの進化は、選手のポジション取りや意識の持ち方において、攻撃と守備の区分すら曖昧にするという現象をもたらした。


フットボールとは?(国際サッカー戦略研究所)

(エントリより)
 さて、FCバルセロナに自らのサッカー哲学を植えつけ、数十年かけてバルサの現在の地位を築き上げたのは、言わずと知れたヨハン・クライフです。

そのクライフのインタビュー記事が、サッカーマガジン2月1日号に掲載されていたのですが、彼はバルサのサッカーについてこんなことを言っていました。

「(バルサでは)ボールを持つ選手の重要度が最も低い。他の選手は常に動いてボールを受ける位置にポジションを取る。周囲の選手は皆フリーでボールを受け、ボールを持つ選手はほとんど動かずに済む」

<略>

私は、かろうじてロバノフスキーが現役の監督時代(ディナモ・キエフがチャンピオンズリーグでベスト4に入った98/99シーズン)に間に合って、リアルタイムで試合を見ることができましたが、彼はベンチに座って前後にゆっくりと体をゆする癖があり、うつむき加減になると白いブラシのようなフサフサの眉毛が邪魔をして目を開いているのかよく見えなくなるので、ナイトゲームの時なぞは「夜遅いから、このおじいちゃんもう寝ているんじゃなかろうか」と何度も思ったものですが、このおじいちゃんがただものではありません。

ロバノフスキーが偉大だったのは「ボールを持っていない選手は、持っている選手と同様に重要である」ということに気づいたからであり、さらに彼はこう言っています。

「フットボールとは11人の個がすべてではなく、11人がつくりあげるダイナミックなシステムである」
posted by かせっち at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

復興の歩み

震災たった三ヶ月で蘇る日本の写真集!イギリス「日本って凄すぎる!!」(JAニュース)

(エントリより)
日本が歴史的な大地震、そして容赦ない津波に襲われ町や村が崩壊した。
許しがたい水の波は、一万の建物を崩壊して、瓦礫の道を作った
そして何千もの人が死に、何百の死体が発見されたのは三ヶ月前だ。

しかし三ヶ月が過ぎ、日本の人たちは力を一つにし、国の復興に励んでいる。

イギリスのDailyMailはそう大きく報道した。
以下がその写真集だ。


この記事が取り上げた三ヶ月後の写真を見ても、「復興の道はまだまだ遠いなぁ…」というのが正直な感想だが、それでもイギリス人は日本人は迅速にやっていると思っているようだ。
posted by かせっち at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ&ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

運と実力

見えてるものは見えぬものでもあるんだよ(丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2)

自分も感じた疑問:「民主党は何故自民党の政策を当面引き継ぐ所から始めなかったのか?」

(エントリより)
381 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 18:35:50.38 ID:cXw9zoZ5 [1/4]
素朴な疑問ですが、
どうして我が党はマスコミにあれだけ保護され事実すら捻じ曲げもらえるのに、
真面目に地道な政策を行わなかったのだろう?

嘘を嘘で塗り固めるのも平気でお手の物なのだから、
発災後、被災地のために子供手当を凍結します。
その他高速の無料化、高校無償化も被災地支援のために凍結します。
とやれば良かったのに。

いやルーピー時代から地道に自民党の政策をパクって実施すれば参議院で大勝利しただろうし、
前原さんや菅さんの韓国人からの違法献金、公民権停止を詫び、
即時解散総選挙すれば400議席も夢じゃなかっただろうに。

なぜこんなに我が党の議員は仕事をさぼるんだろうか?


395 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 18:47:42.43 ID:cXw9zoZ5 [2/4]
ラ党の麻生が実施した経済政策は正解なんだから、
引き続き同様の政策を実施し、4枚程度の経済政策書でもだして、
綿密で具体的なラ党の政策要綱、予算書をパクって予算化して実施。

2ちゃんで騒ごうがテレビや新聞は完全スルーで問題なし。
景気は正しい経済政策を実施し続けるので結果浮揚する。

そして国民は正しい経済政策の恩恵をうけ、また我が党に投票。

ラ党をただ働きさせられたのにね。
どうして我が党はそうしなかったのか不思議で仕方がない。


397 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 18:51:03.78 ID:xHFe65lc [2/2]
>>395
できたら我が党やってませんよ?


漫画『柳生宗矩』(本宮ひろ志)の1シーン。

病床に伏す秀吉が傍らに座す家康に述懐する。

「天下は運があれば取れるが、実力がなければ天下は治められぬ」
posted by かせっち at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

Ordinary Cool Biz

どうする今年の夏? これがスーパークールビズの服装だ(Business Media 誠)

(記事より)
環境省が「スーパークールビズ」を提唱したが、「一体どんな服装をすればいいのか」と戸惑っている人も多いのでは。そんな疑問にお答えするため、スーパークールビズの“基準”を紹介しよう。


ポロシャツ?Tシャツ?ジーンズ?サンダル?

うちの職場じゃ管理職も含めて「普段の夏の風景」ですが?



これ以上の薄着となると、海パン一枚になっちゃうが…(苦笑)


参考:
リネンコットンスタンドブルゾン(当ブログ記事)
posted by かせっち at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ&ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

朽ちゆく旗

余命3年か?日本共産党が危ない(JBpress)

(記事より)
 2008年の出来事の1つに蟹工船ブームがある。プロレタリア文学に属する小説『蟹工船』の作者で、官憲に虐殺された小林多喜二が共産党員であったことから、蟹工船ブームと同時に日本共産党も注目された。

 日本共産党によれば、毎月1000人以上の入党者があり、そんな状態が20カ月続いたという。このことは、当時マスコミで大々的に報道された。

 では、現在の共産党員は何人いるのか。党員数は2〜3年に1回開かれる党大会で明らかにされる(25回党大会は2009年総選挙のため2010年に延期された)。

24回党大会(2006年1月) 党員数 40万4299人
25回党大会(2010年1月) 党員数 40万6000人


 4年間の増減は「+1701人」。「毎月1000人以上の入党者」があった割には、ほとんど増えていない。

 志位和夫委員長の発表によると、この間に3万4000人の新入党員を迎えている反面、1万6347人の物故者が出ているという。物故者のほとんどは高齢党員と見られるが、それを差し引いても1万7653人党員は増えていなければならないはずだ。しかし、1万5952人の離党者(除名、除籍者を含む)を出しているため、党員増が約1700人にとどまっているのだ。

 「共産党ブーム」など、マスコミが騒いだだけで、実際はなかったのである。

 それどころか、すでに共産党は壊滅的な危機に瀕している。財政が破綻寸前まで追い詰められているのだ。


原因は党員の高齢化と「赤旗」購読者の激減。先日の統一地方選でうちに回ってきた共産党支持者と思しき夫婦も、いずれもいいお年寄り。こんな御老体が選挙活動に駆り出されるとは、共産党の先行きも暗いなと思ったものである。
posted by かせっち at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。