2010年06月30日

W杯 日本vsパラグアイ

そこでやったか 駒野…


堅守速攻のチーム同士の戦いだが、日本と同じくらいパラグアイも決定力がない。互いに守備が堅いこともさることながら、相手の攻撃の下手さに救われているような試合。

キリキリと胃が痛くなるような試合展開が続き、90分でも延長でも両者点が入らず、PK戦に突入。日本は駒野が外した一方、パラグアイは全員が決めて決着。日本敗退。

PK戦はともかく、その前の90分及び延長で点を決められないのが、今の日本代表の限界。途中から阿部を外して中村憲剛を入れるという攻撃布陣にしたのだが、それも実らず。


守備は通用することはわかった

ブラジルへの宿題は攻撃だ
posted by かせっち at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

W杯 イングランドvsドイツ

昨年末、ドイツ人と仕事をする機会があった。仕事が終わった後、「日本らしい物が食べてみたい」という彼を居酒屋に連れていき、飲み会メニューでお相伴することになった。

英会話ができる同僚が専ら彼と話していたが、自分もブロークン・イングリッシュで何とか参戦。サッカーに話題を振ると、そこはサッカーの本場のドイツだけあって、話に乗ってきた。

ド:「丁度、W杯の組み合わせが決まったよね。日本はどこと?」
自:「オランダ、デンマーク、カメルーン…これは厳しいよなぁ」
ド:「でもデンマークとカメルーンなら勝てそうじゃん。もしかするとオランダにも」
自:「いや、流石にオランダには無理だろ」
ド:「是非勝ってほしい。そうするとドイツが決勝Tで勝ち上がりやすくなるから」
自:「おいおいおい、お前のところのために日本が勝てってか?」
ド:「でも、いきなりイングランドと当たるかもしれないんだよね」
自:「イングランドかぁ…そういや昔、決勝で当たらなかったっけ?」
ド:「そう!1966年大会でね(即答)」
自:「確かあの時、微妙なゴールの判定でドイツが負けちゃったとか…」
ド:「…それはね、Dangerous Discussion(危険な議論)なんだよ」


これは例のイングランドFWのシュートがクロスバーを直撃、真下に落ちたボールがゴールと判定された件のこと。彼によると未だに独英のファンの間で論争を巻き起こすとのこと。

奇しくも今回もイングランドが同じようなシュートを放ったが、明らかにゴールインしているにも関わらずノーゴールという、イングランドには不利な判定がなされたというのは、歴史の皮肉か。

とはいえ、ポドルスキーの爆殺シュートや、エジルやミューラーの超高速カウンターを見ると、今日のイングランドはドイツに力負け。あのゴールが認められていても勝てていたかどうか…


ともかく、あのドイツ人は呵々大笑していることだろう(笑)
posted by かせっち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

破れた毛布

■寸足らずの毛布(国際サッカー戦略研究所)

最近見つけたサッカーの戦術を詳しく解説したブログ。ちなみにこの記事はW杯開幕前の5月半ばに書かれたものである。

(エントリより)
 1950年代にブラジル代表で活躍したジジという選手がいましたが、彼はこんな名言を残しているそうです。

「サッカーは寸足らずの毛布だ。足下にかければ上半身が寒い、頭からかぶると足が出る」

サッカーとスペースの関係をこれほど的確にあらわした言葉はないと思います。

DFラインからトップまでのチーム陣形を「寸足らずの毛布」にたとえて、足元にかければ上半身が寒い=自陣にベッタリ引き過ぎると相手ゴールまで遠くなりすぎて得点しづらい。(図1)

頭からかぶると足が出る=逆にゴールが欲しくて前がかりになりすぎると、カウンターから失点しやすくなる。(図2)

<略>

日本サッカーが世界の列強国にはっきりと差をつけられているのが「スペースの上手な使い方」への理解です。

ジジの「寸足らずの毛布」という表現を借りて日本のサッカースタイルをたとえれば、「上半身も下半身も寒いのは嫌なので、寸足らずの毛布をムリヤリにひっぱった結果、毛布がまん中から破れてしまった」という風に言えるでしょう。(図3)

攻撃が大好きで前へ前へと行きたがる攻撃陣と、失点を恐れてズルズル下がる守備陣。

結果としてセンターバックの前のバイタルエリアを広く空けてしまい、そこを相手に支配されて2次攻撃・3次攻撃を受けて失点してしまう。こちらはまったく反撃できなくなる。

ジーコジャパンの時代から、当国際サッカー戦略研究所が「悪い時の日本代表はチーム陣形が間延びしている」と口をすっぱくして言っているのはそういうことです。


当時の日本代表が、慌てて攻撃に行くくせにパス回しに拘ってシュートを打たず、ボールを奪われると、DFが下がってできた広大なバイタルエリアを使われて失点する状況だったことがよくわかる。

逆に今の日本代表では、自陣を守備ブロックで埋め尽くしてバイタルエリアを消し、ボールを奪うと本田・大久保・松井の三人で素早くDFの裏に飛び込む堅守速攻が功を奏しているということなのだろう。
posted by かせっち at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

トイレ改装

入居前リフォームでは手をつけなかったトイレの改装に着手。

便器自体はそれなりに使えたが、床が丸タイル敷きで寒々しく、目路に埃がたまりやすく掃除もしにくい代物。そこで床を掃除の容易なビニールクロスに張り替え、ついでに便器も最新に入れ替えることにした。

便器を外した床タイルの上にパテを塗って凹凸を埋め、その上にビニールクロスを張って隅にコーキング充填。最後にTOTOの最新便器とウォシュレットを設置して終了。工期半日、費用6桁円。

蓋と便座が自動で上がるわ、ウォシュレットの設定が複雑だわと、日本に初めて来た外国人のように、最初はその扱いに四苦八苦したが、それもすぐに慣れた。

便座は樹脂製なので乾いた布などで拭くと傷がつくとか、排水管が長めなのでトイレットペーパーは少なめ、トイレクイックルなども流さない方が望ましいなど、注意点があるとのこと。
posted by かせっち at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

W杯 日本vsデンマーク

ル・ブルーが去り アズーリが去り

残った青はサムライ・ブルー

日本 決勝トーナメント進出!



日本は今まで同様、相手にボールを回させる守備で迎え撃つが、序盤は中々プレスが掛からない。前線ベントナー、ロンメダールは抑えるものの、トマソンを取り逃がして何度か危ない場面を迎える。

危ない時間帯を過ぎて日本も徐々に攻撃に転じ、一進一退の攻防になる。そんな中本田の無回転FKがデンマーク・ゴールを突き指して先制。続いて本田と思わせて遠藤がFKを決めて2−0。

後半になってパワープレーで点を取りに来たデンマークを日本は堅い守備で跳ね返す。心配していたデンマークの高さも中澤・闘莉王を中心に完封する。

しかし後半36分、長谷部が自陣エリア内で相手選手を倒してPK。GK川島はトマソンのシュートを一度は止めるも、こぼれ球を押し込まれ失点。いやな時間帯で1点差に詰められる。

これでトマソンはデンマーク代表史上最多得点者になるも、それと引き換えに足を負傷。交代枠を使いきっていたデンマークはトマソンを交代させられず、実質10人で戦うことになる。

1点差に詰められて慌てるかと思われた日本だが、最後の攻撃に出るデンマークのすきを突いて本田がドリブル突破、最後はラストパスを受けた岡崎がゴールを決め、3−1。勝負あり。


いやよくやった!次はパラグアイだ!
posted by かせっち at 05:56| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

司令塔の黄昏

昨日のオランダ戦は二つのことを教えてくれた。


W杯での日本の戦術は世界でもそれなりに通用すること

そしてこの戦術をとる限り中村俊輔の居場所は無いこと



オランダ代表のファン・マルワイク監督「W杯では簡単に勝てる相手などない」(スポーツナビ)

(記事より)
「すべての監督が、日本のようなチームが進歩を遂げていることに目を見張っている。W杯では簡単に勝てる相手などいない。わたしは選手たちに、このことをたたき込んできたつもりだ。日本戦では油断して足をすくわれることはなかったし、カメルーン戦でもないはずだ。
 各チームのレベルが拮抗すれば、サッカーはより魅力的になる。あらゆるチームは成長しているのだ。いくつかのチームは、そのほかのチームより早い度合いで進歩している。(18日の)イングランド対アルジェリアの試合を観れば、それが十分に分かるはずだ。いずれにしても、すべてのチームが戦術を向上させていることは確かだ。いまや、高いボールポゼッションが必ずしも勝利に結びつくとは限らない。それ以上の何かが必要なのだ。たとえば、スペインは終始試合を支配していたが、スイスに敗れている」


日本とオランダ、それぞれのジレンマ
宇都宮徹壱の日々是世界杯2010(6月19日@ダーバン)(スポーツナビ)


(記事より)
 このようにゲームが終盤に入っても、日本の守備が集中を切らすことはなかった。問題は、やはり攻撃である。前線の本田はボールを持ち過ぎて決定的な仕事ができず、岡崎は終了間際の決定的なチャンスをわずかに外してしまう(一度きりのチャンスではあったが、9番を背負うストライカーなら決めてほしかった)。このように、せっかく守備陣が健闘したところで、攻撃面でのオプションが機能しない。これこそが、現在の日本が抱えるジレンマである。「1人の強烈なセンターFWに頼って点を取ろうとはハナから考えていない」とは岡田監督の弁だが、さりとて組織で崩しての得点が、今大会中にどれだけ見られるかというと、いささか心もとない。指揮官が指摘するように、やはり「ボールを奪ってからの早い動き」と「セットプレー」に活路を見いだすしかなさそうだ。

 その意味で、中村俊の途中出場が「セットプレー」という文脈によるものだったのは明らかだ。だが皮肉にも、この起用は結果として、もはや彼の居場所が存在しないことを白日の下にさらすこととなった。もちろん、セットプレーや局面打開のためのサイドチェンジなど、ほかの追随を許さないスキルは今も健在だ。しかしながら、スピードがない、守れない、つっかけられない、というマイナス要素は、今のチームでは明らかに致命的である。思えばつい最近まで(それこそ5月の韓国戦まで)、このチームは中村俊を中心に回っていた。しかし、その後の抜本的なチーム改造によって、それまでずっとサブ扱いだった阿部や駒野や松井や今野泰幸が台頭している現在、中村俊の存在は明らかに「チェンジ以前」の象徴として人々の目に映るようになってしまった。もちろん、この状況に最も戸惑いを覚えているのは、間違いなく彼自身であるのだが。


前線で張っていた松井に比べ、交代してハーフライン付近でふらふらしている中村を見て、「お前、そんな所で何やってる!」とTVに怒鳴ったのは自分だけではなかったようだ。中村の出来の悪さに、2ちゃんねるでも「バックパスをする機械」「完全に終わってると確認できたのが収穫 」「今日は中村の引退試合」などと手厳しい。


参考:
【サッカー】 日本0-1オランダ 日本、オランダに惜敗…W杯E組(痛いニュース)
posted by かせっち at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

W杯 日本vsオランダ

前半は守備を固める日本と攻めあぐねるオランダ。最初はちっとも守備網に引っ掛からなかったが、終わりの方では守備から攻撃に移るチャンスも恵まれた。とはいえ0−0の非常にしょっぱい試合。

後半の立ち上がりからオランダのサイドからの攻めが機能し始める。日本の守備陣が押し込まれ、最後はスナイデルにワールドクラスのミドルシュートを決められる(あ〜あ…)

1点取って攻勢に出なくなったオランダに対し、日本は反撃に打って出る。中村俊輔、岡崎、玉田を投入し、闘莉王が前線に張ってパワープレーに出るも、決められずタイムアップ。

とはいえ総じて試合にはなっていた。善戦になったのはカメルーン戦と同じくスローペースになったこと。というかオランダがちっとも攻めてこない。こんなんじゃクライフに怒られちゃうぞ(笑)

日本は、スナイデルの一発を除けば守備は機能していた一方で、1点が遠いのは相変わらず。今日の本田は影が薄く、松井と途中交代した中村俊輔も全く機能していなかった。彼はもう限界だなぁ…


まぁ、虐殺されなかっただけでも良しとしよう

さぁ、次だよ!次!
posted by かせっち at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打出の小槌

■2010/06/19 (土) 10:22:29 消費増税 設計へ難題・閣内ばらつき(泥酔論説委員の日経の読み方)

(エントリより)
民主党政権というのは、消費税を「打出の小槌」のように考えている節がありますが、これは「財源なんてナンボでもある」「一般会計と特別会計の無駄を削れば10兆円、20兆円は出てくる」「事業仕分けして財源を確保する」と同じ類で、何の根拠もないお伽話に縋っているだけです。


埋蔵金探しも財政の無駄省きも事業仕分けも目立った財源に繋がらず、結局国債増発のお世話になった。尤も、国債増発は死蔵された富を吸い上げて経済成長に回すので意味があることだが、増税は経済成長の直接の阻害要因になり得るので、かなりリスキーな賭けだ。
posted by かせっち at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

積極財政の有効性

積極財政が財政を健全化する(MPJコラム)

日本がこの10年の間はまり、欧米もその入り口に立っているデフレ経済。各国が緊縮財政に向かう中、実はこの状況では積極財政が有効であることを示すシミュレーションのお話。

(エントリより)
 日本人が自信を失ってしまった最大の原因は経済の没落であり、その原因となったのがデフレと国の借金の増大である。しかし、それらを克服する方法は単純であり、適切な規模の景気対策をすればよいだけだ。先週、筆者が示したのは、日本で最も信頼されている日経新聞社の経済モデル「NEEDS」を使ったシミュレーションだ。「はやぶさ」もシミュレーション通り、ピタリと予定の時刻に予定の場所に着陸した。筆者の提案した通りに政策が実行されればシミュレーションの予測する通り、日本経済は急拡大をするのは間違いない。50兆円の景気対策を5年間続ければ、なんと名目GDPで33.6%、実質GDPで29.7%も増加することが分かった。

<略>

次に国の債務のGDP比を計算してみよう。

驚くべき事に結果は、一般の予想とは全く逆だ。実際、筆者もこの計算をするまで、まさかこのような結果になるとは思いもしなかった。思い切って大規模に赤字国債を発行して景気対策を行うと、国の借金は実質的に減少する。それはGDPが急激に上昇するから債務/GDPという比の分母が急拡大するのと、税収の増加のため分子の上昇が抑えられるためである。つまり大規模な景気対策によって国の借金は実質的に減ってくる。GDPの増加速度のようが借金の増加速度より大きいために、実質的に国の借金は減ってきて、将来世代へのツケを減らすことができるのだ。数年後には、赤字国債の発行を0にすることができるという結果も得た。


参考:
恐慌下の緊縮財政の罠(当ブログ記事)
posted by かせっち at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気取りが全て

奇跡の帰還で仕分け見直しへ 「はやぶさ」後継機に追い風(J-CASTニュース)

(記事より)
「奇跡の帰還」を果たした小惑星探査機「はやぶさ」をめぐり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に追い風が吹いている。JAXAでは「はやぶさ」とは別の小惑星から砂を持ち帰る後継機「はやぶさ2」の計画を進めているのだが、「事業仕分け」を初めとする政権交代による予算の縮小で、実現が危ぶまれていた。ところが今回の帰還で、手のひらを返したように「仕分け」結果を見直そうという声が続出している。

<略>

文部科学省は麻生政権時の09年夏、10年度予算の概算要求に「はやぶさ2」の開発費用約17億円を盛り込んだが、政権交代を受けた概算要求のやり直しで、5000万円に激減。さらに09秋の「事業仕分け」で3000万円にまで削られ、開発に着手できずにいた。

ところが、6月13日夜の「奇跡の帰還」を受け、「仕分け」関係者からは、手のひらを返したかのような釈明の声が相次いでいる。

例えば「仕分け人」の統括役を務めていた民主党の枝野幸男幹事長は、6月14日の記者会見で、

「(縮減は)『もう少し工夫すれば、少ないお金で同じだけの効果をあげられるのではないか』という議論だった」
と、開発の必要性自体は否定していないなどと釈明。蓮舫行政刷新相も、6月15日の会見で、

「仕分け結果を何が何でも守るべきだ、ということではない。国民の様々な声は、次期予算編成に当然反映されるべき」
と述べた。


17億を3000万に削ってもできる工夫は「少し」とは言わない


これだけ注目されなかったらそのまま減額していたはずだぜ、こいつら。即物的な人気取りに掛けては呆れるほどに目ざとい連中だ。

参考:
はやぶさ、おかえり・・・(日比野庵 本館)
『はやぶさ』も選挙応援(丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2)
★八ヶ月も経って内閣も変わったけど分からんのです(丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2)
posted by かせっち at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

W杯 日本vsカメルーン

カメルーンはチームで内紛を起こし、ゲームメーカーのソングが不在。エースのエトーがほとんど機能せず。日本は本田のキープ力、松井・大久保の両ウィングのドリブル力が相手の守備を後ろに張り付かせ、前半で乾坤一擲の本田のゴールが決まる。

イングランド戦同様、中盤の底からの守備が機能し、カメルーンの攻撃の芽を悉く潰す。後半の終わりにはパワープレーに押されて守備に追われたが、幾つかの幸運と奇跡的な好守で切り抜ける。最大の勝因はスローペースに持ち込んだことか。


お前らよくやった!>日本代表

放送事故やってるんじゃねぇ!>NHK
posted by かせっち at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

恐慌下の緊縮財政の罠

デフレの脅威から目を逸らしてはいけない
早計かつ過度な緊縮財政のリスク(JBpress)


(記事より)
 多額の財政赤字を出している国では、当局は財政政策を大幅に引き締めるべきだというコンセンサスが形成されつつある。だが、政策立案者たちはなぜ、緊縮財政を受けて企業と消費者が支出に動くと確信できるのだろうか? もし緊縮財政が経済を景気後退に陥らせ、デフレまで招いたらどうなるのか?

 先週末の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明は、「深刻な財政問題を抱える国は再建のペースを加速する必要がある」と明記した。だが、世界経済は1つではなく、2つのリスクに直面している。1つ目は、確かに、先進国の多くがギリシャになるリスクだ。2つ目は、先進国の多くが日本になるリスクだ。


三橋氏が何度も指摘しているように、恐慌下に行う緊縮財政の危険性を指摘する記事。近くはバブル崩壊後の日本、古くは大恐慌のアメリカと同じ道を、今ユーロ加盟国が進もうとしている。


参考:
財政出動派 対 緊縮財政派(三橋貴明の「経済記事にはもうだまされない!」)
ハンガリー危機に見る「ギリシャがユーロを離脱できない」理由
〜「欧州財政危機の深層」を白井さゆり・慶大教授に聞く(ダイアモンド・オンライン)
posted by かせっち at 22:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

赤字神降臨

財政出動と緊縮財政(新世紀のビッグブラザーへ blog)

(エントリより)
 一昨日の名古屋における「日本世論の会 名古屋支部 講演」、昨日午前の名古屋駅前における街頭演説会、午後の「みつ☆かふぇ」、そして18:00からの浜松駅前 楽器博物館における講演会に大勢の方がお越し頂き、まことにありがとうございました。特に、最後の浜松の講演会では、会場が溢れて入りきれなかった方がいらっしゃったどうで、大変申し訳ありませんでした。


会社帰りに寄って生八つ橋生三橋を見て参りました


会場は楽器博物館内の会議室。平日の夜の浜松で人が集まるのか心配したが、講演が始まる頃には狭めの会場ながら人が溢れる程。講演内容は三橋氏がブログと著書で言及していることだが、ブログ同様軽妙な語り口で面白かった。講演後は出口で聴衆一人ひとりと握手。「政治家してるなぁ」と実感。
posted by かせっち at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

本末転倒

増税で雇用創出に予算を 阪大教授・小野善康氏(泥酔論説委員の日経の読み方)

(エントリより)
菅直人氏の経済政策ブレーンとされる小野教授は、不況の解決は新古典派のような市場メカニズムに拠るのでなく、ケインズに学ぶべきだと言う主張を予てからしています。
要するに不況とは、新古典派が唱える供給の過多ではなく、需要不足が原因なんだということで、いくら市場メカニズムに任せて供給を調整しようが、需要がそこになければ経済はシュリンクしていくだけというお話です。
端的に言えば、「失われた20年」と呼ばれる日本のデフレ不況が長引いているのは、小泉政権が新古典派的構造改革路線を採用したからであり、それではデフレが解消できない、このような場合の需要は政府が増税財源を元に増やし失業を減らすこと、これが小野氏のデフレ脱却策です。
理論的な説明は、彼の著作『不況のメカニズム』でも為されていますのでここでは割愛しますが、増税しても景気は良くなるんだ、という菅氏の政策は明らかに小野氏のロジックが背景にあります。


「デフレ不況の原因は需要不足」という小野氏の意見には同意するが、解決のための財政出動の財源が増税というのは頂けない。政府支出が増えても、民間支出が増税効果で減る可能性が否定できない。


税収=税率×課税対象額×支出の回数


増税による支払い総額の増加が予想されれば、安い商品を買う(課税対象額の減少)か支出の回数を減らす方向に向かう。それこそ小野氏が指摘する「需要の縮小」という本末転倒な結果を招くだろう。


参考:
税が生まれる場面(本ブログ記事)
posted by かせっち at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死蔵される富

政府の税収に関するメモ。

前回のエントリで「支出あるところに税金あり」と述べたが、これは逆に言えば


支出に回らないお金は税金を生まない


不景気になると民間は支出を減らして貯金を増やす。貯金には課税されない(銀行預金をすれば利息には課税されるが、元金は課税されない)ので、税として取り出せないお金が大量に滞留する。

三橋貴明氏は日下公人氏との対談で金融資産税を提案したが、これは多くの預金者の納得するところではないだろう。従って税以外の方法で滞留するお金を吸い上げて政府の財源としたいところ。

一方で、お金の滞留場所である金融機関は預金を運用しなければ赤字になる。しかし不景気では民間は支出を減らし、返済目途が立たない融資先が増えるので、めぼしい運用先が少なくなる。

かくして、減った税収を有り余る民間の預貯金で補いたい政府と、有り余る預貯金の安全な運用先を求める金融機関の思惑が合致して、最低の金利でも国債が買われる理由となる。


国債とは死蔵された富を吸い上げる手段である


国債を使って吸い上げた民間の預貯金を政府が支出し、その政府支出が民間の支出拡大のトリガーになれば、自ずと税収が上がってプライマリバランスは改善する。


参考:
税が生まれる場面(当ブログ記事)

続 成長こそが全ての解(新世紀のビッグブラザーへ blog)
posted by かせっち at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

言い回し

首相就任後の記者会見で岡田ジャパンを引き合いに出した菅氏。


それはオウンゴールする奴が二人出てくるってことか?
posted by かせっち at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

雑感

もうさぁ

首相の任期は一年にしちゃったら?



自分の発言のブレさ加減と説得力のなさを棚に上げて「国民が聞く耳をもたない」はねぇよなぁ…


参考:
We only deserve what we deserve(404 Blog Not Found)
posted by かせっち at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。