2010年04月30日

通貨統合の蹉跌

ユーロはどこへ向かうのか?(MPJコラム)

「金融政策は共通」「財政政策は各国任せ」という形で通貨統合したユーロの矛盾を、ギリシャ危機が突こうとしている。

(エントリより)
■ユーロの成り立ちと政治制度

 欧州連合では、通貨は一本化されたものの、各国の経済財政と政治制度は別という形態になっています。そして、各国間には経済格差と産業構造の違いがあります。本来、経済政策は各国の経済状況に合わせる形で行われなくてはなりません。しかし、通貨が統合されているために、これが行われませんでした。ユーロの場合、ドイツマルクがベースとなっており、そこに各国が乗る形で誕生しました。そして、金融政策の運営は、ドイツやフランスなど先進大国中心の運営がなされています。

■経済格差と歪みが産んだPIIGS危機

 先進国は発展余地が少なく、結果として、経済成長は緩やかなものとなります。逆に、新興国や貧しい国は発展余地が大きく、経済成長しやすい環境にあります。欧州では統合という夢に向かい、通貨が統合され、同時に関税や入国審査など人や物の壁が失われました。

 この結果として、域内の先進国の資金がPIIGSなど貧しい国に流入し、バブルを引き起こしました。しかし、先進国中心の金融政策を採ってきたために金利の引き上げなど抑制する政策を採ることができなかった。また、通常は、通貨流入とともに為替が変動し通貨が上昇しますから、資産に割高感が生じ、それが流入を抑制するのですが、通貨が同じであったためにこのような市場原理も働かなかったのです。

■クレジットクランチとキャピタルフライト

 拡大を続けたバブルですが、当然、いつかはハジけます。リーマンショックは、欧州の銀行にクレジットクランチ(信用収縮)を引き起こしました。銀行が他の銀行を信用できなくなり、銀行間での資金のやりとりが停止して、資金の引き上げが発生したのです。これにより、膨れ上がっていたバブルは崩壊しました。当然、貧しい国の資金の出し手は豊かな先進国です。危なくなると、資金を自国に引き上げます。貧しい国の金融市場からはどんどん資金が流出し、失われていったわけです。為替の変動がないために、より多くの富が流出することになりました。


参考:
共通通貨という悪夢(三橋貴明の「経済記事にはもうだまされない!」)
posted by かせっち at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

需要と供給に関するメモ

マーケットイン(新世紀のビッグブラザーへ blog)

(エントリより)
 どれほど政策が正しかろうとも、それがユーザーニーズを満たすものでなければ、あるいはユーザーに届けるチャネル(マスコミなど)がなければ、何の役にも立ちません。
 わたくしはこの種の「正しい製品だから、売れるはずだ!」「正しい言論だから、社会に受け入れられるはずだ!」などという、傲慢な思い込みが好きではありません。現実には、世界最高の品質を誇り、世界で最も安価な製品であろうとも、マーケティングに失敗すれば売れません。言論にしても同じです。

 要は「いい製品を作った」「いい言論を公表する」時点で思考停止しているわけで、
「そもそもの目的は『いい製品を作ること』でもなければ、『いい言論を公表する』ことでもないでしょう!」
 と、力の限り叫びたくなるのです。


需要と供給について、ふと思いついたメモ。

供給は統制が容易な少数の生産者が合理的に決められるが

需要は統制が困難な多数の消費者の心理的要因で決まる


例えば製菓会社がアイスを作る量は、製菓会社が立てた生産計画に基づいて決まる。外乱要因があるにせよ、大抵の場合アイスは生産計画通りに作られる。

一方で、作られたアイスがどれだけ消費されるかは消費者心理に依存する。例え値段が安くても真冬にアイスを買う人は少ない。それは消費者が冬にアイスを欲しがらないからだ。

これは社会主義経済(計画経済)が長続きしない理由でもある。計画経済は供給側の都合に偏っており、需要側の要求など欠片も斟酌しないため、経済的な歪みが蓄積していく。

また市場原理の需給バランスにしても、需要側に「安ければ需要は増える」という単純なモデルを当てはめている。一面の真理だが、それを全てとするとアイスの例は説明できない。

結局のところ、需要側とは行動が心理に左右されるプレーヤーが多数おり、プレーヤー同士が互いに影響しあう複雑系なのだ。これを単純なモデルで説明するのは能天気に過ぎる。

このようなことが、近年、心理学的要素を取り入れた「行動経済学」という分野が勃興した要因でもあるのだろう。
posted by かせっち at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

無駄な公共事業

公共投資とクラウディングアウト(新世紀のビッグブラザーへ blog)

三橋氏のもとに投稿された「公共投資(事業)とクラウディングアウト」に関する論考のご紹介。無駄な公共事業とは如何なる形態になるか?

(エントリより)
 以上を勘案すると、公共投資が「まったくの」無駄となる最大の条件は、
 @ 需要不足が起きていない(完全雇用が達成されている、インフレである等)状況下で実施すること
 A 民間投資を代替するような投資を実施すること
 となる。

 逆に、現在のように需要不足にある場合には、民間投資と代替的ではない公共投資であれば、仮に施設効果のない公共投資であっても、「真水の事業効果」がある。このため、(1)の無駄な公共投資であっても、公共投資を行わない場合よりもよいということになる。

 もちろん、無駄な公共投資よりも、民間投資と補完的かつ「施設効果」の高い公共事業の方が望ましいのは言うまでもない。
posted by かせっち at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

Throw The Spoon

4/12 ボクの心臓動いてる 基地問題(丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2)

普天間飛行場移設問題で日米実務者協議が棚上げになった話。

(エントリより)
1 名前: ◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 投稿日:2010/04/11(日) 10:44:03 ID:???0 ?PLT(12556)

沖縄の米軍普天間飛行場移設問題は10日、日米間の実務者協議の開催が見送られるとともに、政府案で移設先となった沖縄、鹿児島両県で反発が広がり、暗礁に乗り上げた。

鳩山首相が米国と地元自治体、与党の同意を得て決着させる、と公約した「5月末」まで1か月余りで政府は「八方ふさがり」に陥った。
厳しい首相責任論が強まるのは避けられない情勢だ。

「交渉のボールは日本にあるに決まっている」
米政府関係者は10日、こう声を荒らげた。

岡田外相は先月末、ルース駐日米大使らとの会談で、沖縄県名護市にまたがる米軍キャンプ・シュワブ陸上部や鹿児島県の徳之島などを柱とする移設案を米側に説明し、日本側は「ボールは米国に投げた」と楽観視していた。

だが、米側は不信感を募らせた。
安定的な基地運営に不可欠な地元合意がないばかりか、
示された資料は「素人同然の内容」(日米外交筋)。
専門知識を持つ外務、防衛両省が
深く関与していないためのようだ。


2ちゃんねるの反応。

(エントリより)
36 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/11(日) 10:49:05 ID:yAGXGsZo0

日本側 「ボールは米国に投げた」
米国側 「匙しか受け取ってない」

70 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 10:52:15 ID:CzRhacDT0
>>36
上手いwwww

80 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 10:52:41 ID:aOLjN1cJP
>>36
そしてスプーンをスローするのですねw

112 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/11(日) 10:55:31 ID:O6cuoddw0
>>36
巧いな。後世の教科書に当時の風刺画紹介で載るレベルだ。
posted by かせっち at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

食者天下之本也

【日本書紀】に見る経済の根本(MPJコラム)

MPJコラムニストの一人、廣宮孝信氏は「経済の問題は根本的にはカネの問題ではなく、食い物が足りるかどうかの問題である」と主張しているが、それと全く同じことを、今から1500年前の天皇が詔で発していたという。

(記事より)
詔曰。食者天下之本也。黄金万貫不可療飢。白玉千箱、何能救冷。
『日本書紀 巻第十八 《宣化天皇元年五月辛丑朔》』

 詔(みことのり)に曰く。食は天下のもとである。黄金が万貫あったところで、飢えをいやすことはできない。白玉が千箱あったところで、身体のこごえを救うこともできない。

<略>

 おカネというものは幾らでも創れるものであり、物々交換をスムーズに行うための方便であり、広く国民に必要な物資やサービスを行き渡らせるための道具に過ぎません。この根本を踏まえれば、「国の借金」とか「財政赤字」とかいったものは、はっきり言ってどうでも良いことなのです(この根本を踏まえる以前に、アイスランドは政府の金融純負債がマイナスで実質借金ゼロ、しかも財政黒字であったにもかかわらず「実質国家破綻」したのですから、そもそもからしてどうでも良いことなのですが)。

 そして、この根本に立ち返れば、年金問題もカネの問題ではなく、究極的には「将来にわたって食い物が足りるかどうか」という問題であることが分かります。年金の収支が黒字であったところで、年金資産が使いきれないくらい積みあがったところで、もしも仮に将来食糧不足の状態が起こったとすれば結局のところ、「黄金万貫不可療飢。白玉千箱、何能救冷」なのですから。

posted by かせっち at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

つ鏡

4/8 ( ゚д゚ )(丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2)

↑…いや、もう、何だ。この表情がぴったりのニュース。

(エントリより)
【政治】鳩山首相「政治家がバカ者の集団では国はもたない。トップの首相が大バカ者であれば、そんな国がもつわけがない」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1270629155/

1 名前:出世ウホφ ★[] 投稿日:2010/04/07(水) 17:32:35 ID:???0

鳩山由紀夫首相は7日の国家公務員合同初任研修開講式で訓示し、入省したばかりの新人を鼓舞したが、その中で
「政治家が
ばか者の集団では
(国は)もたない」
などと脱線気味に発言する場面があった。

首相は弟である鳩山邦夫元総務相が政治家を志した際、大蔵事務次官を経て政界入りした父威一郎元外相が「政治家なんてものは物ごいをする情けないばか者だ」と反対した話を紹介。

「父親は役人だったことに誇りを感じていた」と語る一方で、
「トップの首相が大ばか者であれば、
そんな国がもつわけがない」
と繰り返した。

首相としては、政治主導への決意を示しつつ鳩山内閣の優秀さを強調したかったようだが、指導力不足や自らの発言をめぐる迷走が指摘されているだけに、
新人公務員も複雑な表情だった。

(2010/04/07-16:57)

「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010040700743


2ちゃんねるの反応

(エントリより)
2 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:13 ID:70PhVpwt0
ですよね

3 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:15 ID:GRPPrQBw0
鳩山由紀夫のおかげで実感できた

4 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:16 ID:9zFf3Xtb0
なんだ日本の事いってるのか

5 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:19 ID:wHQxjUgqP
バカはお前の事だろ

6 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:22 ID:kCUA4Ch70
お前が言うな

7 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:30 ID:1+Maw1On0
脱税総理はとうとう頭がおかしくなったのか

10 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:45 ID:0cozXI890
と意味不明な供述を繰り返しており


11 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/07(水) 17:33:56 ID:5EmrtKf30
( ゚д゚)


(゚д゚)


12 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/07(水) 17:34:05 ID:fXck1KB10
笑いを堪えるのに必死だったであろう新人公務員に同情せざるをえない

492 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/04/07(水) 17:58:19 ID:xN8qjmXf0
絶対に笑ってはいけない研修会

521 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 17:59:37 ID:g6RJaabe0
>>492
拷問だろこれwwww

笑ったりしようものなら陸自の連隊長だかと同じように更迭されるし。入省して早々に更迭って何よってwwwwww

730 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 18:10:30 ID:uMaqGOFM0
>>492
全員アウトー(ω・`(/// 人// )

posted by かせっち at 21:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

メジャー・デビュー

「子ども手当を。母国に子供4人」→年間62万4千円(母国の年収15年分)支給 …小倉智昭「詳細詰めずにスタート?」(痛いニュース)

子ども手当の外国人子弟支給問題について、ようやくテレビが取り上げた。

(エントリより)
<テレビウォッチ>『子ども手当』。民主党がマニフェストの目玉として力を入れていた同制度の申請手続きが4月1日からスタートした。

自治体の窓口を取材した結果を笠井アナが取り上げたが、
こんなことで日本がもつのかというような驚天動地の話が…

豊島区役所。ネパール人男性が申請に訪れた。夫婦で日本に働きに来ているが、
4人の子どもは母国で暮らしているという。認められれば年間62万4000円が支給される。
日本語がほとんど分からず申請にスッタモンダした挙句、結果はOK。
4歳の子どもを連れた韓国人夫婦。韓国には生まれたばかりの双子の子どもがいるという。
この日は書類不備で申請はできなかったが、整えば年間46万8000円が支給される。
やはり申請にきた中国人女性は、すんなり認められて「日本の国に感謝しています」。

さいたま市役所には次のような問い合わせがあったという。
「母国の親戚を養子縁組した50人、100人単位の子どもでももらえるのだろうか?」
認められれば年間1560万円の支給になる。答えは法制上OKだという。
これだけもらえれば2、3年で豪邸が建ってしまう。
http://www.j-cast.com/tv/2010/04/02063679.html?p=all


参考:
懸念が現実へ(当ブログ記事)
子ども手当の死角(当ブログ記事)

子ども手当(Septemberのブログiza版)
ミミゲ・ダッタの声再び(風に吹かれてすっ飛んで)
やっぱり付け足しシリーズ 220(風に吹かれてすっ飛んで)
posted by かせっち at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。