2008年04月28日

政治利用

※2007/4/28追記して再投稿

中国が起こしたチベットでの事件に抗議する意味で、世界各地で北京五輪の開会式や本大会へのボイコット運動、更に聖火リレーへの妨害活動などが行われている。

これに対して「政治とスポーツを結びつけるな」旨の意見がある。モスクワ五輪を思い出せば一理ありと言えるが、それは同時に中国に対しても向けられて然るべきだ。

では「中国は五輪を政治と結び付けていないか?」と問われれば、それは「否」と答えるのが正しいことは、ブログ「散歩道」の以下のエントリの題名を見れば明らかだ。

五輪の旗が全く見当たりませんでした(w(散歩道)


同じ光景を泥酔論説委員氏も指摘している。

厳戒の長野が映す北京五輪(泥酔論説委員の日経の読み方)

(エントリより)
しかし、アカハタが幾重にも立ち並ぶ異様な光景でしたね。
日の丸ひとつ掲げるのでなく、雪山獅子旗を押し退ける五星紅旗に多くの日本人が驚いたと思います。
5000人もの在留中国人を動員し、巨大なアカハタを並べて「中国、加油!」を叫べばチベットを圧倒できる、こんな単純な発想が中国側にあったのでしょう。
これがどれほどアホな姿を全世界に晒しているのか、当の中国人には全く理解できないようで困ったものです。
自分たちがゲストを迎え入れるホストであること、そして自分たちの国家が一体何をやってきたのか、今の中国人には己を客体視する能力が著しく欠けていると思います。


そもそも彼らが「ホスト」という言葉の意味を履き違えていることは、昨年8月の日経のコラムでもうかがえる。

Welcome To Beijing! 中国が「北京五輪」にかける熱意(中国IT最前線)

(エントリより)
 そもそも中国人の五輪に対する熱狂ぶりは、日本人のそれをはるかに上回っている。地元開催の今回だけではない。五輪のようなスポーツイベントにおいては、政府や国民のベクトルは限りなく一致していると言っても過言ではない。

 今回も「主役は我々だ」と言わんばかりに中国人は積極的に五輪関連イベントや事務に関わり、早くから「挙国一致」の様相を呈してきた。

<略>

 中国の2000年の栄光と19世紀からの150年間の没落、そしてここ20年の復興という道のりを経て、中国の人々は自らの誇りを取り戻す時が来たと言わんばかりに、今回の北京五輪に期待を寄せている。大気汚染問題など環境面の課題が指摘されるが、今からあらゆることに手を打って世界中から集まってくる人々を心を開いて歓待するつもりでいる。


このコラムを読んだとき、能天気なまでの期待感については微笑ましく思ったものの、どうにもいけ好かなく感じたのは、「主役は我々だ」という言葉に象徴される中国の主役意識である。

主役である選手を生かすために脇役に徹するのがホスト意識というものだが、中国には微塵も感じられない。そしてそれは開幕を数ヵ月後に控える今になっても同じである。

これは結局のところ、中国が北京五輪を国威発揚の手段にしか使っていないことの証左と言える。


中国が政治とスポーツを結びつけているのに

こちらは政治とスポーツを切り離せというのは

いかにも妙な話である



※2007/4/28追記
中国人にホスト意識を期待するのは愚かだったようだ。


貴様ら、他所様の敷地内では少しは大人しくしてやがれ!


【北京五輪聖火リレー in 韓国】 他所とは違う争点だったが期待通りの大暴動勃発(Birth of Blues)


参考:
【グローバルインタビュー】広がり続ける中国の排外主義 米国のジェームズ・リリー元駐中国大使(産経)
『聖火による市中引廻の刑』〜晒されているのは中国という国家の特異性(木走日記)
在日中国人の中国民主化への願い(もじもじスケッチ)
posted by かせっち at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

人権擁護法案:カナダの事例・その2

人権擁護法、カナダでも保守派ブロガーが攻撃の対象に!(苺畑より)

(エントリより)
カナダではここ数年、キリスト教徒の自由が迫害されているとカナダのブロガー、コニー・フォーニエー(Connie Fournier)さんは言う。彼女は夫のマークと一緒にカナダ最大の政治掲示板フリードミニオン(FreeDominion.com.pa)を経営している。この掲示板の参加者は8500人にのぼり、ページのヒット数はなんと月に二百万という人気サイトだ。

インターネットのおかげで普通のカナダ市民も政治に積極的に参加することができるようになった。カナダではこれまで片身の狭い思いをしていたキリスト教徒や社会的に保守派の人々もネットの力を利用して自分達の意見を多くの人に読んでもらえるようになった。

しかしコニーさんは、今、その保守派のブロガーたちはカナダ政府から攻撃を受けているという。カナダの人権擁護審議会はすでに人権迫害を口実に多くの保守派ウェッブサイトを閉鎖してしまい、サイトの管理人を審議会に引きずり出して、永久に言論の自由をはく奪したりしている。


なぜ人権擁護審議会を単に無視できないのか?(苺畑より)

(エントリより)
日本で人権擁護法が通れば、カカシのようなブロガーが「中国聖火防衛隊のやり方は野蛮だ」といったことが、在日中国人の気に障り、中国人への人種差別だと人権擁護審議会に苦情が訴えられた場合、私の職場や自宅に審議会の役員による手入れ捜査が令状もなくおこなわれ、私は自費で弁護士を雇い仕事を休んで審議会に出頭し、それでも負けたら銀行口座は差し押さえられ給料から罰金を天引きなんてことが簡単に起きてしまうとレバント氏は警告しているのだ。

これが言論弾圧でなくてなんだろう?これこそ人権侵害でなくてなんだろう?

人権擁護法絶対反対!

2008年04月23日

立ち位置

インターネットとメディアの関わりをテーマに活動するジャーナリスト、佐々木俊尚氏の存在を初めて知ったのは、オーマイニュース日本版の準備ブログだった。佐々木氏がよく使う「立ち位置」という言葉は当時の議論からも伺える。

オーマイニュースの記事やコメントでの議論が党派性の色合いが濃かったためか、佐々木氏の「立ち位置」という言葉は「右派か左派か」という意味に受け取られ、「左右の立場を鮮明にすることなど時代遅れ」などと言われることもあった。

実は自分もそのように理解していたのだが、佐々木氏が最近奏上したブログから、それが間違いであることがわかった。

「実名」と「特定」は別のものだ(佐々木俊尚 ジャーナリストの視点)

(エントリより)
 そしてーーここが重要なのだがーー特定の要因となるのは、行動履歴だけではない。たとえばペンネームでブログを書いている人は、ブログのアーカイブという過去の蓄積によって、その人のブログ圏域における立ち位置が明確化され、この結果、ペンネームであっても<特定>になっていく。過去のアーカイブを蓄積すればするほど、ネットの中での同じペンネームによる行動が増えれば増えるほど、<特定>の度合いは高まる。これは「言論の積み重ね(アーカイブ)」による特定である。


佐々木氏のいう「立ち位置」とは「言論の積み重ね」である。勿論、左派であれば左派の文脈に沿った主張を、右派なら右派なりの主張を「積み重ねて」おり、結果的に「立ち位置」は右派か左派かという立場と一致することとなる。

しかしこれは「右か左か」という立場があって積み重ねられた言論であるが、そうではなく、先に言論が積み重ねられた結果、その人の立場、即ち「立ち位置」が形成される―――佐々木氏の言わんとする意味はここにあると思う。

この見方に立てば「立ち位置」は「右か左か」という狭義の意味から解放される。言論を積み重ねた結果、右に到達することもあれば左に収斂するかもしれないが、積み重ねた言論に一本筋が通ってさえいれば、右か左かを前提にする必要はない。


立場があって言論を紡ぐのではない

紡いだ言論の結果で立場が形成される

かくて左右二元論から言論は解放される
posted by かせっち at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

バランスシート

財務省の嘘と、メディアの罪(新世紀のビッグブラザーへ blog)

日本政府が抱える借金が巨額であることが喧伝されて久しいが、同時に持つ金融資産も同じくらい巨額であることは余り知らされていない。著書『本当はヤバイ!韓国経済』で指摘していたブログ主は、債務額ばかりに目を向ける新聞のミスリードを批判する。

(エントリより)
 と、Webページに借金時計を張ったのに続き、またまた財務省が日本政府の債務問題で暴走しています。実質公債費比率と言えば聞こえは良いですが、日本政府の債務額だけを取り上げ、莫大な金融資産を無視しているのはいつもの通りです。
 日本政府の債務問題と言えば、最近、素晴らしいWebページを教えて貰いましたので、是非ご覧下さい。

http://www.tek.co.jp/p/debt_time.html
「日本経済復活の会 借金時計改良版」

 この借金時計改良版を見ると、日本政府の借金の対GDP比が、刻一刻と減り続けているのが分かります。なぜ政府の債務が増え続けているのに、対GDP比で減少するかと言えば、日本のGDP増加率が、債務増加率を上回っているためです。その上、日本政府の金融資産が刻一刻と増え続けているため、日本政府の純債務はどんどん減少していっています。


上記で引用されたサイトからデータを概算すると、

・国の借金…840兆円(+20万円/秒)
・国の金融資産…600兆円(+200万円/秒)
・個人金融資産…1540兆円(+40万円/秒)
・GDP…520兆円(+30万円/秒)
・借金のGDP比…160%(微減傾向)


これを見ると、確かに国の借金は着実に増えてはいるが、国の稼ぎであるGDPの増加率はそれを上回り、更に国と個人が持つ金融資産も莫大で、同時に借金の増加率を軽く上回るペースで増え続けていることがわかる。


つまりこういうことか?

不動産を買うために大きな借金をし

クレジットカードで買い物をしてはいるけど

それを埋め合わせるだけの稼ぎは残しており

買った不動産の資産価値は着実に上昇していて

いざとなればそれを売り飛ばせばお釣りがくる

…こんなバランスシート、よくある話じゃねぇの?



まぁ、借金がないに越したことはないのだが、それ程悲観するほどのものでもないのかも。
posted by かせっち at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家のモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

歴史の反映

※2008/4/21追記して再投稿

更新をお休みしている間に、北京五輪(一部では「北京汚輪」と呼んでいる所も)はチベット絡みでかなり香ばしいことになった。

そんな中、中国共産党は昔のダライ・ラマが行ったとされる「悪行」を挙げて、ダライ・ラマを貶めることに必死なのだが、その「悪行」の内容というのがどうにも…

この味は!…、嘘を吐いている味だぜ…(或る浪人の手記)

(エントリより)
 何と言うか、所謂「従軍慰安婦」にしても「南京大虐殺」にしても、「733部隊」にしてもそうなのですけどね、コイツらの非難する残虐行為って、何時も支那の史書にあるようなモノばかりというのは、どうなんでしょうね。

<略>

 拷問、処刑、所謂「人類の暗部」ってヤツですが、そんなモノですらも、民族的背景、文化的背景、宗教的背景というような様々な歴史の要素が絡んで来ていて、微妙どころか大きな差異があるのです。

 やり方、使用道具、etc…

 ところがどっこい、支那畜どもが敵の残虐性を批判する場合、殆ど一つの例外も無く、支那の史書にあるような支那の文化的、民族的背景に忠実な、まさしく「支那のやり方」に統一されている訳です。


欧米における様々な形の中国批判は、中国国内には歪んだ形で伝えられ、中国国民の「愛国無罪」モードにシフトしそうな勢い。

「反日注意報」発令、外出時は傘をお忘れなく。(日々是チナヲチ。)

(エントリより)
 漢人どもはチベット人相手ではなく、何とフランスと米国に対して宣戦布告してしまいました。中国国内に多数出店しているフランス系スーパー・カルフールと米国系であるケンタッキーに対するボイコット運動です。同じ米国系でもマクドナルドやコカコーラでないのは、両社が北京五輪のスポンサーだからなのでしょうか。

 ――――

 早くも写真のような状況となっております。……ええ、2005年春の反日騒動のような「愛国無罪」モードに入りそうな気配です。

 「義和団」アゲインというべきかも知れません。中国国内の論調からすると現在の米仏両国に加え、ドイツが目標にされる可能性も高いからです。メルケル首相がダライ・ラマ十四世との再会見を望んでいるとか、ドイツのメディアが中国にとって不利益となるデマを流したとか、そういったことでネット世論の鉾先がドイツにも向きつつあります。


※2008/4/21追記:
中国の伝統的処刑法、清朝末期の義和団の乱ときて、お次は文革の紅衛兵ときた。民族は歩んだ歴史の呪縛から逃れられないということか。

文革の子供たち(Meine Sache)

(エントリより)
サンフランシスコの五輪トーチ・リレーにあわせて行われた親チベット、親中国両派の抗議活動で、チベット側についたとして人民の敵になってしまった中国人留学生、王千源さんの手記が、ワシントンポストに掲載されていました。

王さんは、留学先のデューク大でチベット人学生と知り合い、チベット人への理解を深めていたことで、デモでは積極的に両派の仲裁につとめたといいます。

…抗議行動が激しくなる中、ある中国人の集団はわたしを取り囲み、わたしを指差して1989年に天安門広場で民主化デモを先導した若い女性のことを持ち出した。「柴玲を覚えてるか?中国人はあいつを油の中でゆでたいと思っている。おまえはあいつみたいだ」。彼らはわたしの頭がおかしいとか、地獄に落ちろとか言っていた。出身地と出身校を聞いてきたので、それに答えた。隠すことなど何もない。しかし怒り狂う集団はわたしを襲う気配を見せたので、わたしは警官のエスコートを受けてその場を離れた。
posted by かせっち at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

珊瑚記念日に寄せて

「「K・Y」って誰だ」と朝日が書いたから

4月20日は珊瑚記念日



KY事件とマスメディアの社会的責任(Meine Sache)

(エントリより)
19年前の今日、1989年4月20日の夕刊で、朝日新聞は自らサンゴに落書きした写真を掲載してこう訴えました。

これは一体なんのつもりだろう。沖縄・八重山群島西表島の西端、崎山湾へ、直径8メートルという巨大なアザミサンゴを撮影に行った私たちの同僚は、この「K・Y」のイニシャルを見つけたとき、しばし言葉を失った。
(中略)
日本人は、落書きにかけては今や世界に冠たる民族かもしれない。だけどこれは、将来の人たちが見たら、八〇年代日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の……。

にしても、一体「K・Y」ってだれだ。

参考:朝日新聞の「朝日珊瑚事件」


…。

しばらく前に続々発覚した産地偽装や賞味期限改ざんなどを起こした企業は、みなそれなりに社会的制裁を受けました。

しかしなぜ朝日はこれほどの不始末をしでかしておきながら、社員を大量解雇するような事態に陥るようなこともなく、体質も一向に変わることなく、一流企業として高収益をあげながら平然と高級紙を名乗り続けてこられたのか?

それこそが、この事件の最大の問題点です。


参考:
朝日新聞の「朝日珊瑚事件」
アサヒる
posted by かせっち at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

更新再開のお知らせ

自宅の引越しが終了し、ブロードバンド環境も復活しましたので、当ブログの更新を再開いたします。

今後ともよろしくお願いします。
posted by かせっち at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

更新一時停止のお知らせ

自宅の引越しにより、暫くの間ブロードバンド環境を一時停止し、昔ながらのダイアルアップによる接続になります。

このため当ブログの更新を暫く停止します。コメントのチェックは行う予定ですが、反応は遅くなります。

新居でのブロードバンド環境が整い次第、更新を再開する予定ですので、暫くお待ち下さい。
posted by かせっち at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。